マメ知識

なぜ親知らずは抜かなければいけないの?

こんにちは 千葉市緑区あすみが丘 かつらやま歯科医院 歯科医師の今中です。
『親知らずの抜歯は痛い、腫れる...だから抜きたくない』皆さんそう思いますよね。でも放って置くと困ったことになる場合があります。今回は抜かなければいけない親知らずについてお話しします。

①親知らずが虫歯になっていて、治療することができない場合。親知らずはお口の中の一番奥に生えているため、向きや位置によっては歯科治療の器具が入らないために治療をすることができないことがあります。


②親知らずが第二大臼歯に向かって生えている為、歯間のブラッシングが難しく、汚れがたまってしまい、大切な第二大臼歯が虫歯になりそうな場合。この状態を放っておくと第二大臼歯の虫歯が大きくなり、神経をとったり、抜かなければいけない状態になることがあります。
6E3C8949-118D-46B5-BE7A-2B90D38174A9.jpeg
③親知らずの周りの歯ぐきに汚れが溜まりやすくなっている為、感染を起こし歯ぐきが腫れたり、痛みが出る場合。この状態を放っておくと歯ぐきの炎症がさらに周囲に波及して熱が出たり、喉の方まで痛みが出て重篤な状態になることがあります。


④親知らずの周りの炎症により、周囲の骨が溶けてしまうことで第二大臼歯を支える顎の骨が溶けてしまう場合。この状態を放っておくと、第二大臼歯がグラグラと動揺してしまうことがあります。


⑤親知らずの周囲に嚢胞といわれるものができている場合。この状態を放っておくと嚢胞が大きく肥大してしまい周囲の骨を溶かしてしまうことがあります。


⑥親知らずが他の歯を押し出してしまうことで歯並びに影響が出る可能性がある場合。


⑦親知らずの向きや位置によっては顎の骨の骨折の原因となることがあります。格闘技やラグビー、アメフトなどのコンタクトスポーツでこのような骨折が起こることがあります。


下顎の親知らずがまっすぐに生えている場合や上顎の親知らずは①の理由により抜歯になることが多く、抜歯も比較的短時間に終わることが多いです。


親知らずが原因となるトラブルは歯科医院での診察やX線画像診断、CT診断によりある程度経過を予測し、診断することができます。
抜いた方がいい親知らずなのか、そのままにしておいても大丈夫な親知らずなのか...御心配な方は是非お気軽にご相談ください。

親子受診について

こんにちは、歯科医師の小竹です。 今日は、親子受診についてお話しします。 まず親子受診を話す前にむし歯の原因についてお話しします。むし歯の原因は、細菌感染により起こります。生まれてきたばかりの歯のない赤ちゃんにはむし歯菌がおらず、むし歯にならないのです。 多くは、乳歯がはえてくる19か月から31か月の間に、ミュータンス菌(むし歯菌)にお母さんや身近な人からの感染で起こってしまいます。19か月から31か月というのは、ちょうど子どもの前歯が生えてきて(最初に歯が生えてきて)(19か月)から、子どもの奥歯が生えそろう(31か月)までの時期を指します。ちなみにこの時期のことは感染の窓ともいいます。 では、むし歯菌はどのように感染するのか? むし歯菌の感染は、コップやスプーン、お箸など同じ食器やキス、口移しなどを介して感染し、起こります。 感染予防は非常に大切ですが、親子のコミュニケーションがなくなってしまうのもよくありません。 赤ちゃんと同じ食器を使う、キス、口移しなどを一切やめるというのは現実的に難しい話です。 そこで大事になってくることがあります。それは、お母さんをはじめご家族が歯科医院での定期的なクリーニングを受け、毎日のケアを徹底することなのです。ご自身の口腔ケアをきちんと行うことでお子さんのお口の中を守ることに繋がるのです。 IMG_1930.JPG 上のグラフは、初産の母子を子供が生まれてから3歳になるまで母親の口腔ケアを行ない、子供が生まれてから7歳になるまで子供の虫歯菌の検出を調査したもので、3歳までの子供への感染はお母さんの口腔ケアをしないグループに比べてう蝕病原細菌の検出率が非常に低く、その後低いまま保たれているのがわかります。 つまりは、3歳頃までしっかりとしたお母さんを含めしっかりとした口腔ケアをすることでお子さんは虫歯になりにくくなるということが言えます。 また家庭での食生活もむし歯に関与します。たとえば、甘いものが好きでいつも何かしら甘いものを食べているようなご家庭の場合、知らず知らず習慣化しており、それが子どものむし歯を増やしているということもあります。そういった環境を知る上でも親子受診が大事になります。また、親子受診には、保護者の方のお口の中がキレイになって、むし歯菌の親子感染が減るということもありますが、ご家族のむし歯にならないように予防するという意識の変化も大切です。意識が変化することでお子さんは予防するのが当たり前という意識が生まれ、キレイな口腔内を自然と良い習慣が身につくようになります。とある歯科医院で調べたところむし歯の発生率は子どものみ定期検診に受診するよりも親子受診をしている子のむし歯の発生率が約1/3程度 に抑えられたというデータもあります。 現在では、マイナス0歳からの虫歯予防が推奨されています。 妊活~妊娠中からお母さんの口腔ケアを行い、お子さんを虫歯菌から守るというものです。 小さいころから虫歯には悩まされた、という方は是非!!大切なお子さんを虫歯菌から守ってあげてください。

歯石取り(スケーリング)って?

ようこそかつらやま歯科医院へ、歯科衛生士の森田です。

今回は「歯石取り」についてお伝えいたします。

「歯石取り」誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

実際に歯石取りを経験された方も多いかもしれません。

当院で言う歯石取りは、基本的に歯ぐきの上および、歯ぐきの中1~4ミリ程度の歯石をスケーラーという専門の器具で取り除くことを指します。歯科界では「スケーリング」と言われる行為です。(以下スケーリング)

SC.png

歯石とは、プラーク(歯垢)に唾液のカルシウムが沈着して石灰化したもので、いったんこびりつくと歯ブラシでは取れません。しかも!!軽石状の歯石はプラークの細菌にとって居心地の良い隠れ家に、、、。歯周病を引き起こす原因にもなります。

そのため歯石を取り除くスケーリングは、歯周病予防や治療のための必須、かつ唯一無二のテクニックなのです。それ以上の深い歯周ポケットがある場合はもっと深い部分の歯石をお取りするべく「スケーリング・ルートプレーニング」を行う必要があり、使う道具も異なりますので今回は割愛いたします。

スケーリングで主に使用している道具は超音波スケーラーと手用スケーラー2種類あります。

実はそれぞれに特徴があり、必要に応じて使い分けをしています。手用スケーラーは小ワザが効き、きめ細かい歯石除去に強みを発揮します。

歯の表面をスケーラーで探る際の微細な引っ掛かりや歯の質の硬さ、軟らかさまでその感触が全て伝わってくるため、細かく残ってしまった歯石を見つけ除去したり、むし歯になり始めている軟らかくなった歯面の状態確認までできます。機械ではできないこうしたきめ細かいケアは、手用スケーラーの腕の見せ所です。

 一方、超音波スケーラーは、歯石が沢山ついているときに素早く歯石を砕き取り除くことが得意です。

そのため限られた時間でも、効果的・効率的に歯石を除去することが出来ます。また、超音波スケーラーを用いると先端から噴き出す水が空気を取り込みながら歯周ポケットの中に入り込むのでポケットの中を洗浄したり、嫌気性(空気に触れると死んでしまう)細菌である歯周病菌の退治にも効果があります。

手用スケーラーではなかなか届かない奥歯の歯根の分岐部などにも使う事が出来ます。更に当院では、診療で使用しているお水はうがい用のお水も含めてすべてが次亜塩素酸水という殺菌治療水を使用していますので、より一層の効果が得られます!

歯周病.gif

 しかし、この超音波スケーラーは独特の振動があり、患者さんによっては不快に思われる方がいらっしゃいます。また、知覚過敏でしみる際にも無理やり使用すること致しませんのでご安心ください。細心の配慮・注意を払いすすめますので、不安や心配なこと、疑問などは何なりとお申し付けください。

 また、初診でお越しいただいた方の中には、何度も歯磨きのおはなし・スケーリングで通院いただくことがあります。

「なんで何回も通わなければいけないの?」と疑問やご不満をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。しかし、むし歯や歯周病の予防や治療には、まずお口の中のプラーク(歯垢)つまり、細菌数を減らすことが大前提で、重要です。これをなくしてではむし歯や歯周病は繰り返されてしまいます!!

根本的な原因を取り除き、よりよい口腔内を目指すべくお家でのケアをマスターするため、ぜひご理解いただければと思います。歯ぐきよりも上のケアは皆さんが、下のケアは我々が、力を合わせて素敵な健口Lifeを手に入れましょう!!

 

 

歯周病と全身疾患について

こんにちは、かつらやま歯科医院歯科衛生士の山田です。

GAZOU.jpg

 今回は歯周病と全身疾患についてお話しします。全身疾患の中でも歯周病と関連が深いとされている糖尿病についてです。

みなさんは糖尿病だと歯周病になりやすいことはメディアでもよく言われているのでご存知の方も多いかと思います。糖尿病になるとからだの抵抗力が低下するので歯周病などの細菌感染が起きやすくなります。最近の研究結果では、その逆も考えられると言われています。それは歯周病で糖尿病が悪化しやすいこともあるということが解明されつつあり注目されています。まとめると、歯周病と糖尿病は双方向に悪さをしあっているということです。

糖尿病の患者さんが歯周病任ありやすいことは、以前から比較的知っている方が多かったです。糖尿病をお持ちの方は、糖尿病をお持ちでない方に比べると、歯周病になる確率がおよそ2倍以上になるといわれています。血液中の血糖値が高い状態が続いてしまうと、からだのすみずみまで酸素を運ぶ役割をするヘモグロビンというものと糖が結合してしまい、糖化ヘモグロビンというベタベタくっつきやすい赤血球に変化します。この糖化ヘモグロビンが血液中に増えると、どんどん血液の流れが悪くなり、からだのすみずみまで十分に酸素が運べなくなってしまいます。

そのため、からだの細胞の働きが低下してきて、更には免疫に関する細胞も元気がなくなってしまい感染に対する抵抗力が弱くなってしまいます。歯周病も歯周病菌による感染症です。このような関係で糖尿病のかたは歯周病になりやすくなります。

糖尿病の合併症で有名なのが網膜症、腎症、神経障害です。

しかし、このような合併症は糖尿病になることによって血液の流れが悪くなり引き起こります。最近では、「歯周病は糖尿病の第6番目にあたる合併症だ」といわれるようになっています。もうひとつ、最近解明されてきて注目を集めている内容があります。それは「歯周病が糖尿病を悪化させる」ということ。糖尿病があると歯周病になりやすいだけではなく、反対のことも考えられるということです。歯周病があると糖尿病にかかりやすいことがわかってきています。歯周病菌が白血球などの免疫に関する細胞と戦うと炎症物質が出ます。血液中に流れ込むこの物質が、体内の血糖値を高めているのではないかという考えがでています。まだまだ解明されていない点はたくさんありますが「糖尿病のかたが歯周病の治療をしたら血糖値が良くなった」という報告もあるそうです。

毎日の歯磨きと歯科医院でのプロフェッショナルケアでよりプラークコントロールに気を配っていきお口の環境を良い状態に保っていきましょう。

GAZOU1.jpg

歯周外科治療

こんにちは、今回は歯周外科治療についてお話ししたいと思います。歯周外科治療とは名前の通り歯周病を外科治療で治すというのものですが一般的にはあまり知られていないお話だと思うので詳しくお話ししたいと思います。
そもそも、歯周病というのは歯周病原菌が歯と歯茎の間である歯肉溝に感染する事で起きる病気です。プラークが歯肉溝に入ると通常は歯肉溝浸出液と呼ばれる血液由来の体液に含まれる免疫がやっつけてくれます。しかし、歯ブラシを怠ってプラークが多量に溜まっているとプラークは歯肉溝の奥深くで繁殖してしまいます。実は歯周病をというのは細菌が直接的に歯周組織を破壊しているのではなく歯周病原菌と細菌が出す毒素に免疫が反応して感染を起こした組織を破壊しているのです。つまり破壊しているのは細菌ではなく免疫なのです。補足しておきますが決して免疫が悪いわけではありません。あくまで歯周病原菌と細菌が出す毒素が悪者です。歯肉に細菌が感染するとまず歯肉が感染を起こします。
これを歯肉炎と言います。これは骨や歯根膜などの歯周組織の破壊はなく歯肉だけ炎症が起きている状態です。なので、症状は歯肉からの出血のみで痛むことは殆どありません。そして歯肉炎は歯ブラシとフロスを適切に行っていれば歯科医院で治療しなくても治ります。しかしこの状態を放っておくともっと進行して骨や歯根膜なども破壊されます。これを歯周炎と言います。ここまで進行すると治療が必要になります。何故なら骨や歯根膜が破壊されることで歯肉溝奥深くに感染が起きて歯石を作るため歯ブラシやフロスでは対処できないからです。この歯周病により深くなった歯肉溝を歯周ポケットと言います。簡単に言うと私たち歯科医療従事者は如何に歯周ポケットにある歯石をを取り除くかという治療をしています。歯周ポケットがどれくらい深いかで治療の難易度が変わります。歯周ポケットの中の歯石はスケーラーと呼ばれる先の鋭利な小さいスプーンみたいなもので引っ掻いて取り除きます。歯周ポケットの中は深くなればなるほど歯石を見ることが困難になります。つまり手の感覚だけで歯石を取っているのです。
この治療で上手くいけば歯周ポケットは消失してくるのですが歯周ポケットが治らないのであればどこかに汚れが付いていることが考えられます。そこで別の方法が必要になるのです。その方法が冒頭でお話しした歯周外科治療なのです。つまり歯周外科治療は見えない所に隠れている歯石を取り除く治療と言えます。ではどの様に見える状態にするのかというと、まず麻酔をしてから歯茎を切開します。そして歯茎を剥がして骨と歯の根を見える状態にします。そうすることで見えなかった歯石を見える状態にします。そして見える状態にしたらスケーラーで歯石を取り除いて歯茎を元の位置に戻して塗って終わりです。場合によっては歯周パックと呼ばれる粘土の様なもので塗った後の歯茎を覆うこともあります。
この様にして見えない所の汚れを見て取る。これが歯周外科治療です。この治療は適応の方とそうでない方がいますので気になる方はご相談下さい。
0367001202.png  0367001205.gif

ようこそ、千葉市緑区あすみが丘のかつらやま歯科医院へ!

事務長で保育士の葛山祐子です。

poicwater500[1].jpg

ラクデントプロ.jpg

 

 

 

 

 

 ↑画像左から「POICウォーター」「ラクデントプロ」

 今日は、平成29年9月から当院で新しく大人のための予防・健康クラブ「歯っぴい Life Club]を立ち上げることになりましたので、そのご案内です。

皆様、朝起きた時の体調はいかがですか?すっきりと目覚められますか?またお口の中はいかがでしょう?お口の中がねばねばしていませんか?

息は爽やかですか?前日の疲れが残っていませんか?最近睡眠不足気味、体が疲れやすくなったと感じることはありませんか?

 「体調が悪い」のが当たり前になっていませんか?

 では、逆に「体調がいい」と感じるのはどんな時でしょう?

「最近、肌がつやつやだね。」と周りの人に言われる時

「花粉症の季節でも、気にせず外に出かけられるとき」

「インフルエンザが流行しているときでも、人込みを恐れず安心して出かけられるとき」

「お口のことを気にせず、何でも噛める様になった時」

「仕事に向かう足取りが軽い時」

「一日仕事をした後でも、家に帰って料理や洗濯などの家事をこなす余裕があるとき」

などなど、色々なお声が聞こえてきそうです。

 私たちかつらやま歯科医院スタッフは、「体調がいい」はほんのちょっとした生活習慣で実現できると考えています。

私たちの理念は「ここにいらした方の健康で笑顔の美しい生活をサポートし続けること」です。そのために何ができるか?を考えて、「健康でいるのが当たり前!」という方を一人でも増やそう、そのための活動をしていこう!と思い、健康でいる人たちが集うクラブ「歯っぴい Life Club」を立ち上げることにしました。

 このクラブでは、健康でいるために役に立つ「予防グッズ」をいろいろご紹介しています。しかもその予防グッズをクラブ会員の方にはお得に買っていただこうと、ポイントカードをご用意しました。

ポイントを貯めていただければ、お好きな予防グッズと交換できます。しかも、当院の公式ラインにご登録いただければ、入会金100円(税別)は無料です。

また公式ラインでは、歯と健康に関する情報をお伝えします。

 ご興味がおありの方は、当院スタッフにお尋ねください。このクラブの詳細を記載した小冊子が9月中には完成します。待合室へ置く予定ですので、ぜひそちらも併せてご覧ください。

 以下、当院でおススメする健康予防グッズです。ぜひお試しください!使い続けていただくことで、「体調がいい」が当たり前になりますよ!

歯っぴい Life Club でご紹介する予防・健康グッズ

ポイックウォーター (ボトル入り)(詰め替え)いずれも1本お買い上げごとに1ポイント:ポイックウォーターは、純粋な水と塩を電気分解して生成された高濃度次亜塩素酸水という機能水です。殺菌・洗浄に効果的。

オーラループ   (小)(大)1本お買い上げごとに(小)1ポイント(大)2ポイント:オーラループは、私達の体の中にもともと存在するポリリン酸を主成分にした透明なジェルです。 ポリリン酸には組織の再生を促す効果があります。

ラクデントプロ 1箱お買い上げごとに3ポイント:体内の免疫力アップに特化したサプリメント。"免疫コントロール"を続けると、歯周病の悪化を防ぐことに加えて、美肌が保てる、アレルギーを抑えられる、インフルエンザにかかりにくいなど様々な効果があります。

快眠枕 「レ・ムールソフト」 1個お買い上げごとに4ポイント 睡眠に悩む現代人に、本来の良質で楽しい眠りを提供することを目指す「眠り製作所」が開発した高さが調節でき、スマフォやパソコンの使用で疲れた首を、就寝前に枕に内蔵されたエアサポートシステムでストレッチできる快眠枕「レムールソフト」。




ようこそ、千葉市緑区あすみが丘のかつらやま歯科医院へ!

院長の葛山賢司です。これから毎週、当院のプロフェッショナルスタッフが交代で「歯の豆知識」に歯に関する知って得する情報を掲載していきます。

読むだけで、「お口の中と全身の健康を守れる」お役立ち情報満載です。ぜひお読みください!

★保険の入れ歯と自費の入れ歯ってどう違うの?

入れ歯.png

 

 

 

 

 歯を1本だけ失ったお口から、1本だけ残っているお口まで様々な患者さんの役に立つのが部分入れ歯です。ブリッジのように歯を大きく削る必要がなく、外科処置のような手術の必要もなく他の修復治療に比べて治療費もかからないため患者さんにとっては身近で選択しやすい治療法です。では、部分入れ歯のメリットは何でしょう?①治療の適応範囲が広い②外科処置が必要ない③あまり歯を削る必要がない④取り外して掃除ができる、等があります。デメリットは何でしょう?①噛む力が劣る②取り外しが必要③残った歯に負担がかかる④部位によっては見た目が気になる、等が挙げられます。

 では、部分入れ歯の保険と自費の違いは、なんでしょうか?保険の部分入れ歯のメリットは、安くて、修理しやすいのが特徴です。デメリットは、①設計や使える材料に制限があり適合性が劣る②破損しやすい③厚みで違和感を科次安い④クラスプ(バネ)が目立つことがある、等があります。自費の部分入れ歯のメリットは、①クラスプと本体を1ピースで作ることができるので設計の自由度も大きく適合性が良い②破損しにくい③薄く作ることができるので違和感が少ない④食べ物の温度がよく伝わる、等メリットが多いです。デメリットは、やや高価で修理がしにくくクラスプが目立つことがある等があります。

 しかし他にも保険と自費の部分入れ歯の違いはあります。保険の入れ歯はレジン床、それに対して代表的な自費の部分入れ歯は金属床です。なぜ適合性に違いが出るのでしょうか?実は材料の選択に仕上がりの精度に関する秘密が隠されていたのです。金属床を選ぶメリットは薄くできて違和感が減る事、熱伝導性がよく食感が伝わりやすいことだけではないのです。実は製作工程の違いが大きいのです。金属床の場合、同一素材で1ピースのメタルフレームとして1体成形することができるのであとからクラスプを付けたり右側と左側の入れ歯を連結させたりする必要がなく設計通りの精巧な入れ歯が出来上がりやすいのです。保険のレジン床の場合、クラスプはクラスプ、連結部は連結部で別々に作っておき後で組み立てるので微妙な誤差が出やすいのです。出来上がってすぐにはビタッとこないのが普通で調整を重ねながら合わせていくことになります。

 さらに付け加えると、入れ歯の仕上がりには、患者さんのお口の型取りの精度がとても重要なのですが精度の高い材料(印象材)は高価で保健の治療に使うと歯科医院は赤字を出してしまいます。こうしたことも金属床に限らず自費の部分入れ歯のほうが仕上がりの精度が高いことの一因になっていると考えられます。

 

身近な飲み物

こんにちは!歯科衛生士の塩田です( °ω° ) この暑い時期、熱中症対策にスポーツ飲料を沢山飲んだりする事はありませんでしょうか?実はスポーツ飲料も砂糖が含まれているのでむし歯になりやすい飲み物なのです!! そして、暑い時期特に飲みたくなるコーラをはじめとする炭酸飲料も酸性度がとても強い飲み物なので要注意です( ´⚰︎` )!! 毎日のように酸性度の強い飲み物を飲んでる方、とくに仕事中や運転中にチビチビと、あるいは熱中症対策や運動中の水分補給のたまこまめに飲んでいる方は、水やお茶を取り入れるなど、是非一度生活習慣を見直しましょう!

唾液ってすごい!

今回お伝えするのは歯科衛生士の森田です(^^)

普段何気なく生活しているとあまり気が付きませんが、私たちは唾液の恩恵を受けて生きています。

唾液には様々な作用がありますが、その中でも特にお口の健康維持に役立っていることについてお伝えいたします。

まずは抗菌作用、食べ物を一掃する浄化作用、歯のエナメル質表面に、唾液中に含まれるたんぱく質などから保護バリアを形成する作用、食後、酸性に下がった歯垢のpHを中性に戻す緩衝作用、そして、酸によってミネラル成分が逃げ出して弱った歯の質を再び戻し強化する再石灰化作用など、多岐にわたります!

お口の健康を維持するにはいかに唾液の作用が必要不可欠か、ご理解いただけたでしょうか??

食後にキシリトール100%のガムを噛むなどして、唾液の分泌を促し、歯を守っていきましょう(^-^)

口内環境検査で一歩先の予防を!

こんにちは、歯科衛生士の中村です^^

私たちはどうしてむし歯になるのか

皆様、ご存知でしょうか?

「歯磨きをしていないから」「甘い物ばかり食べているから」

といった答えが思い浮かぶかもしれませんが

これはある意味では正解で、ある意味では不正解です。

というのは、むし歯は歯磨きや食生活に加え、

唾液の量や力、細菌、フッ素の使用の有無など

いくつもの要因が重なって起こるからです。

ですが、唾液の量や力、細菌の性質は目には見えません。

この見えないリスクを知れるのが、当院では

"口内環境検査" という唾液を用いた検査があります!

口内環境検査を受けて頂くことによって、

その見えない要因を目に見える形にし、むし歯のリスクと合わせて

総合的に分析して患者さんひとりひとりにあわせた

予防プログラムのご提案に繋げることができます

見えないリスクを知り、一歩先の予防を始めてみませんか?

blog

院長紹介

院長勉強レポート

患者様の声

院内ツアー

治療の流れ

診察科目

歯科一般

予防歯科

審美歯科

インプラント歯科

インプラント症例集

メタルフリー歯科

セレック症例集

義歯

CT診断科

料金表

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31