歯の詰め物って、どんな物があるの? - かつらやま歯科 歯科マメ知識

かつらやま歯科 歯科マメ知識

2017/11/19
歯の詰め物って、どんな物があるの?

ようこそ  かつらやま歯科医院へ!!

こんにちはっ‼ 歯科助手の鈴木です(^^)/

 

「むし歯の治療をして、いくつかの詰め物が入っている。」という方、多いのではないでしょうか?

歯の詰め物には、いくつかの種類があるのをご存知ですか??

                           

歯の表面は、エナメル質という人間の体の中で最も硬い組織で覆われています。

その下には、歯の大部分を構成している象牙質というエナメル質より柔らかい組織があります。

小さく見えているむし歯でも、削ってみたら柔らかい象牙質で広がっていて、

内側で大きくなっていることも多いのです。

そのため、詰め物の存在が思っていたより大きいと感じる事が多々あるのです。

むし歯の大きさ、噛む力の強さなどに応じた最適な詰め物には、どんな種類があるでしょうか。

今回は当院でご案内している代表的な詰め物のお話をしていきます。

 


 

 

☆小さな むし歯の修復☆彡 通常、来院日に処置が終了します。

 

①コンポジットレジン(保険適用)・・・プラスチックの修復材

歯と同じ色なので目立たなく、歯を削る量が少ないなどのメリットがあります。

その反面、プラスチックのため、経年変化や着色により変色する事があります。

変色した場合は、再度削ってやり直す事になり、その度に天然の歯も削ることになるので、

結局詰める範囲が広がっていく可能性もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②グラディアダイレクト(保険適用外)・・・ハイブリットセラッミックと呼ばれる樹脂を用いた修復材

従来のコンポジットレジンでは必ずしも周囲の歯と同じ色にすることができませんでしたが、

グラディアダイレクトは、カラーバリエーションが豊富なので、より天然歯に近づけることができ、

変色もしにくく十分な強度もあり、汚れもつきにくいので衛生的にも優れています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆大きな むし歯の修復☆彡 通常、来院日に詰め物の型をとり、後日詰めます。

 

①メタルインレー(保険適用)・・・銀歯と言われている詰め物

金属なので硬くて丈夫で、すり減りにくく耐久性に優れていますが、天然歯よりも硬いため、

咬み合わさる歯を痛めてしまう事もあります。また、金属が取れにくいように、歯を大きく削る必要や、

お口を開けた時に銀色なので目立つ事、長年の使用で時間が経つと金属が溶け出し、

歯や歯茎が変色してしまったり、金属アレルギーの原因になる事もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②ゴールドインレー(保険適用外)・・・高カラット金合金の詰め物

金属なので丈夫ですが、ほど良い硬さなので咬み合わさる歯を痛めにくく、歯との適合性に優れています。

また、金属アレルギーが起きにくいメリットもあります。ただ、金色なのでお口を開けた時に目立つことや、

金属が取れにくように、歯を大きく削る必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

③セレックオールセラミック(保険適用外)・・・セラミックの詰め物

院内でコンピューターを使って作成し、その日に治療を終了する事も出来ます(ワンデーセレック♪♪)

天然歯のような自然な色とツヤがあり、変色もしにくく汚れもつきにくいので衛生的で、

金属アレルギーの心配もなく、体に優しい修復材です。

その他、すり減りにくさ強度に優れていますが、必ずしも欠けない割れないというわけではない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 小さいむし歯、大きいむし歯への詰め物をご紹介いたしましたが、

詰め物を長もちさせるには、やはりプラークコントロールが大切です。

また、寝ている時に歯ぎしりをする癖のある方は、マウスガードの装着をおすすめします。

お気軽にご相談ください(^-^)

カテゴリ: コメント(0) トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメントする