マメ知識

虫歯の詰め物の最近のブログ記事

歯の詰め物って、どんな物があるの?

ようこそ  かつらやま歯科医院へ!!

こんにちはっ‼ 歯科助手の鈴木です(^^)/

 

「むし歯の治療をして、いくつかの詰め物が入っている。」という方、多いのではないでしょうか?

歯の詰め物には、いくつかの種類があるのをご存知ですか??

                           

歯の表面は、エナメル質という人間の体の中で最も硬い組織で覆われています。

その下には、歯の大部分を構成している象牙質というエナメル質より柔らかい組織があります。

小さく見えているむし歯でも、削ってみたら柔らかい象牙質で広がっていて、

内側で大きくなっていることも多いのです。

そのため、詰め物の存在が思っていたより大きいと感じる事が多々あるのです。

むし歯の大きさ、噛む力の強さなどに応じた最適な詰め物には、どんな種類があるでしょうか。

今回は当院でご案内している代表的な詰め物のお話をしていきます。

 


 

 

☆小さな むし歯の修復☆彡 通常、来院日に処置が終了します。

 

①コンポジットレジン(保険適用)・・・プラスチックの修復材

歯と同じ色なので目立たなく、歯を削る量が少ないなどのメリットがあります。

その反面、プラスチックのため、経年変化や着色により変色する事があります。

変色した場合は、再度削ってやり直す事になり、その度に天然の歯も削ることになるので、

結局詰める範囲が広がっていく可能性もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②グラディアダイレクト(保険適用外)・・・ハイブリットセラッミックと呼ばれる樹脂を用いた修復材

従来のコンポジットレジンでは必ずしも周囲の歯と同じ色にすることができませんでしたが、

グラディアダイレクトは、カラーバリエーションが豊富なので、より天然歯に近づけることができ、

変色もしにくく十分な強度もあり、汚れもつきにくいので衛生的にも優れています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆大きな むし歯の修復☆彡 通常、来院日に詰め物の型をとり、後日詰めます。

 

①メタルインレー(保険適用)・・・銀歯と言われている詰め物

金属なので硬くて丈夫で、すり減りにくく耐久性に優れていますが、天然歯よりも硬いため、

咬み合わさる歯を痛めてしまう事もあります。また、金属が取れにくいように、歯を大きく削る必要や、

お口を開けた時に銀色なので目立つ事、長年の使用で時間が経つと金属が溶け出し、

歯や歯茎が変色してしまったり、金属アレルギーの原因になる事もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②ゴールドインレー(保険適用外)・・・高カラット金合金の詰め物

金属なので丈夫ですが、ほど良い硬さなので咬み合わさる歯を痛めにくく、歯との適合性に優れています。

また、金属アレルギーが起きにくいメリットもあります。ただ、金色なのでお口を開けた時に目立つことや、

金属が取れにくように、歯を大きく削る必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

③セレックオールセラミック(保険適用外)・・・セラミックの詰め物

院内でコンピューターを使って作成し、その日に治療を終了する事も出来ます(ワンデーセレック♪♪)

天然歯のような自然な色とツヤがあり、変色もしにくく汚れもつきにくいので衛生的で、

金属アレルギーの心配もなく、体に優しい修復材です。

その他、すり減りにくさ強度に優れていますが、必ずしも欠けない割れないというわけではない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 小さいむし歯、大きいむし歯への詰め物をご紹介いたしましたが、

詰め物を長もちさせるには、やはりプラークコントロールが大切です。

また、寝ている時に歯ぎしりをする癖のある方は、マウスガードの装着をおすすめします。

お気軽にご相談ください(^-^)

お口の中の銀歯は体に悪い?

「お口の中の銀歯って

カラダに悪いの?」

という質問を

いただきまして、

 

こちらのテーマで

今月はお伝えしています。

 

前回は、1970年代には銀歯の材料としてアマルガム

(水銀が50%入った合金)が使われていた、ということをお伝えしました。

 

今回は、それ以降も広く使われている銀歯、銀パラジウムについてお伝えしていきます。

 

保険がきく歯科金属の代表として銀パラジウム(合金)は使われてきましたが、

 実は、約50%の人に金属アレルギーが発生するということがわかっています。

 

ドイツでは、幼児や妊婦さんにパラジウムを含む合金を使用してはいけない、と定められています。

 

日本では、まだ現在も使われていますが。もともとカラダには悪いことがわかっていたのですが、

戦後の日本ではこれを用いるしかなかったのです。

 

モノ不足の時代でしたので、歯科金属としてとりあえずパラジウム合金を使用し

 後々、国に力がついたら上質なものに変えていこう、とされていました。

 

が、そのままになり気づけば時間が経過したのですね。

 「国が、保険でできる歯科金属と認めているのだから、そう悪いものではないだろう」と思っていた人も多いでしょうが、

 

残念ながらカラダに良いものではありません。

 

手足から全身の原因不明の湿疹やカラダが痒くて夜よく眠れない、という方が

 銀歯をとりのぞきカラダに優しい材料で治療しなおすことで劇的に改善した、という例はたくさんあります。

 

気になる方は、次回来られた時にでも担当スタッフにお声かけくださいね。

お口の中の銀歯はどうして体に悪いの?

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

最近、過去の歯科治療でお口に中に入っている「銀歯」に対するご質問をよくいただくようになりました。

 

先日も患者Rさんが「インターネットを見ていたら、銀歯はカラダに悪いとか書いてあったのですが本当でしょうか?

すでにたくさん銀歯があるのですが・・・」と聞いてこられました。

 

今月は、いわゆる「銀歯」についてお話していきたいと思います。

文字からすると「銀歯」だから「銀」でできていると思われがちですがそうではありません。

 実は、合金なんですね。日本では、1970年代には、アマルガムが「銀歯」として幅広く使われました。

 

アマルガムは、水銀、スズ、銀、亜鉛などの合金で、約50%は水銀です。

1970年代に歯医者さんで銀歯で治療してもらったことのある方は、アマルガムが入っている可能性が高いです。

 

水俣病の原因になったことで水銀は知られていて、カラダに良くないことは周知の事実です。

特に、お口の中のように常に湿っている環境では水銀など重金属が溶け出していることは容易に考えられます。

 

慢性的なひどい肩こりや、首、背中や足などの痛み、偏頭痛や目の疲れなど原因不明の体調不良が、これらのアマルガムの銀歯を取り除くことで改善したという事例は多く報告されています。

 

外国で、アマルガムを歯科金属としてつめもの、かぶせものに使用することを禁じている国はたくさんあります。

体調不良がひょっとしたら過去に入れられた銀歯のせいかもしれない、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

次回来られた時にでもご相談くださいね。

 

入れてから長時間たっているお口の中の金属は、具体的な不具合がなくても診てもらうと良いでしょう。

 一般的には、お口の中の金属は全身の健康とは関わりがなさそうに思われがちですが、実は健康で長生きすることと深いつながりがあるんですね。

 

気になる方は、ご遠慮なくスタッフや歯科医師にお尋ねくださいませ。

 

次回のご来院をお待ちしてます!

 

こんな時は歯科医院へ!

 ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

 ちょっとしたお口の変化が虫歯や歯の痛みからきていることも。何か気になることがあったら小さなことでも私たち歯科医院にご相談ください。

 早期に予防策を立て、歯を守っていきましょう。

 ①歯がしみる

 「近何かの拍子に歯がキーンとしみる」ということはありませんか?冷たいものだけでなく、熱いものを食べたり、歯に風があたるだけでしみる場合もあります。虫歯ができたり歯が欠けているのかもしれません。

 ②歯の色が濃くなった

 歯の変色が気になっていませんか?歯の色が濃くなったのは、虫歯ができて変色しているのかも。あるいは、歯が割れて象牙質の濃いクリーム色が見えるようになったのかもしれません。原因を調べてもらいましょう。

③詰め物の周りが変色したりかけている

 詰め物の周りは虫歯になりやすく要注意ポイントです。周囲が変色していませんか?また保険の金属の詰め物は歯よりも固く、長い間には周囲の歯が痛んでしまうことがあります。歯科医院で定期的にチェックを受け、可能なら保険の金属をコンポジットレジンなどで詰替えておくといいでしょう。

9月特集~虫歯の詰め物~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

9月の歯科豆知識とテーマは「虫歯の詰め物」です。

今回は「コンポジットレジン充填」についてもう少し詳しくご説明致します。

診療をしていると、天然歯の健康美を大事にしたい方が近頃増えているな、と感じます。患者さんも「できるだけ削らない治療を」「白く自然に見える治療を」と積極的に要望される時代になりました。そんな中、アマルガムという長い歴史を持つ金属が、水銀が入っているという理由で2006年に生産が終了しました。それに替わる修復材として、コンポジットレジンというプラスチックとセラミックからできた白い歯科材料を用いた充填法が普及したのです。

従来のアマルガムと違うのは、削る量が少なくて済むので、その分痛みも少なく治療の跡が目立ちません。従来の歯の詰め物は、確実に機能させるという究極の目的のために、その詰め物を取れにくい形につくり、歯をそれに合う形に削ってはめ込む必要がありました。コンポジットレジンは接着剤を使用することで歯と詰め物がしっかり接着してくれるので、あまり削らないで済むのです。あまり削らないので痛みは軽減され、目立たない色で修復できます。

しかし、あまり大きな虫歯には、やはり金属の詰め物や被せものが必要となります。小さい歯科治療をご希望なら、やはり定期的に、早めに歯科医院を受信してください。

9月特集~虫歯の詰め物~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

9月の歯科まめ知識のテーマは「虫歯の詰め物」です。

今日は代表的な虫歯の詰め物についてお話します。

*充填とは充填材を直接詰める方法です

①アマルガム充填

*金属を充填する昔からある治療法です(但しアマルガムの国内生産は2006年に中止されています)

長所

●保険適用で治療費が安価 ●材料が金属なので強度が高い●適用範囲が広い

短所

●歯と接着しにくい●年数が経つと酸化して黒くなり、歯茎まで黒ずむことがある●金属アレルギーを引き起こすこともある

当院では現在アマルガム充填は行っておりません。当院で多くいらっしゃるのが、アマルガムを白い詰め物に変えたいとご希望の方です。

②コンポジットレジン充填

長所

●保険適用のものと保険適用外のものがある●歯を削るところが少なくて済む●白色なので詰めたところが目立たなくて済む●補修しやすい●天然歯と同程度の硬さなので自然に摩耗する

短所

●保険治療のものは時間が経つと変色する場合がある●虫歯が大きく深い場合は充填できない

コンポジットレジン充填の保険外治療は当院ではグラディアと呼ばれます。

グラディアについては次回お話します。

 

 

9月特集~虫歯の詰め物~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

9月の歯科まめ知識のテーマは「虫歯の詰め物」です。

自分では小さな虫歯のつもりだったのに、いざ診てもらったら大きな穴があいていた、ということはありませんか?虫歯は硬いエナメル質よりも柔らかい象牙質で広がりやすく内側で大きくなっていることも多いのです。

虫歯を進行させないためには、早めの受診が大切です。

象牙質はやわらかく、エナメル質よりも虫歯の出す酸に弱いため、硬いエナメル質が壊れて酸が内側に入り込むと、虫歯は象牙質で大きく広がります。そのためいざ詰めてみたら、思ってたよりも詰め物が大きかった、ということがあるのです。

治療の際に、患者さんが思うことは「歯をなるべく削らず、目立たない詰め物がいい」ということですよね。そういう思いを叶えるべく、私たちの歯科医院でもコンポジットレジン充填とういう治療法がメインです。ただし、虫歯の大きさによっては向かないケースもあります。9月の豆知識では、様々な詰め物の特徴や、どうすれば詰め物を長持ちさせることができるかについてお話します。

これから歯科治療を受ける方、必見ですよ!

 

 

 

blog

院長紹介

院長勉強レポート

患者様の声

院内ツアー

治療の流れ

診察科目

歯科一般

予防歯科

審美歯科

インプラント歯科

インプラント症例集

メタルフリー歯科

セレック症例集

義歯

CT診断科

料金表

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30