上質空間、プロフェッショナルスタッフ、最新設備をご紹介します。

痛みの少ない治療

痛くない治療にこだわります

痛みの少ない治療に取り組んでいます!
「歯医者って痛いからイヤだ!」
そう思われている方は多くいらしゃいますよね。
そのお気持ちよくわかります。
痛みの感じ方は人それぞれ違うので、全く痛くない治療、というのは不可能かもしれません。それでもかつらやま歯科医院では、出来る限り「痛みの少ない治療」にこだわります。

「痛みの少ない治療」への当院の取り組み

針のないシリジェットで表面麻酔

かつらやま歯科医院では、シリジェットと呼ばれる「表面麻酔機」を使って、麻酔の注射心をさす前に、表面麻酔を行います。

これにより、注射針による痛みがかなり軽減されます。
シリジェットはカチッと歯ぐきに軽く当たる感じがしますが、痛いという感じではありません。

実はシリジェットだけでも十分麻酔効果があります。
麻酔をこれだけで済ます医院さんもあるくらいです。

しかし、当院では痛みを最小限に抑えるために、
この後2分間待って、注射針による麻酔を行います。

当然、シリジェットによる麻酔効果があるので注射針の痛みもかなり少なくなっています。

少しでも患者様の痛みを和らげるために、表面麻酔も決して手を抜きません。

電動麻酔で痛みを減らします。

かつらやま歯科医院では、電動麻酔機を使います。電動麻酔機の一番の特徴は、手動と違い、麻酔機の中のコンピューターが、痛みが少ないようにゆっくりと麻酔液を注入してくれるのです。

手っ取り早く一気に手動で麻酔をされるのが一番痛いのです。

また、当院で使用の麻酔機は麻酔中にメロディーがなります。ディズニーの「星に願いを」です。これにより、更に痛みが少なくなります。
(内側の歯ぐきに注射する場合、どうしても神経の構造上痛みが出ることがあります)

一番細い注射針を使い、痛みを減らします

かつらやま歯科医院では、注射針を一番細い「33G」に限定して使っています。針は細いほど痛みが少ないのです。

麻酔が完全に効いてから治療を始めることで、痛みをなくします

麻酔は本当にすごい物で、完全に効いていると治療の痛みは全く感じません。ですから、かつらやま歯科医院では、麻酔が完全に効くのを確認してから、治療を始めます。

麻酔をしてから、タイマーをかけます。その間約4分間。細かい時間まできちんと守ることで、治療中の痛みをなくします。