歯科医師の求人情報

歯科医師求人

歯科医師大募集中

  • スタッフの仲の良さは抜群です!
    人間関係で悩むことはありません
  • しっかり学んで、しっかり診療できます!
    セミナー多数参加可能、多数の書籍で学び、多数の患者さんを診療できます
  • 多数の最新設備と育成カリキュラムがあります!
    都内の歯科医院にも負けない設備が充実。さらに育成カリキュラムを完備。
    詳しい案内はこちらから ダウンロード!

当院で最も大切な基本理念について

かつらやま歯科医院のHPへ、ようこそお越しくださいました。

院長の葛山賢司です。

これから就職先をお考えの先生に、まずは当院の基本理念からお伝えします。

かつらやま歯科医院の基本理念は以下のとおりです。

私たちの本当の仕事は、ここにいらした方の健康で笑顔の美しい生活をサポートし続けることです。
そのために私達は、常にベストのサービスを提供し、新たな価値を創造し、世界を変えていきます。

私は、当院で働く先生方に求める一番大事なことは、基本理念に共感していただくことだと考えています。

そうでないと、CT、マイクロスコープ、セレック、NdYAGレーザーなどの設備も十分に使いこなすことができません。

ですから、当院の基本理念をお読みいただき、「共感できる!」と思われる先生は、ぜひ当院の歯科医師求人にお申込みください。

当院へ就職したら将来こんな歯科医師になれる!「7の姿」

当院へ就職したら、どういう歯科医師になれるのか、その7の姿を、4年前に当院へ就職し、現在副院長として大活躍中の山本歯科医師の例を参考に、お伝えします。

ここに書かれている姿は、現在の先生の姿と大きくかけ離れている、と思われるかもしれません。

でも、かつての山本副院長がそうだったように、最初は想像もしていなかったことが、当院で勤務しているうちに実現することがあるのです。

そしてここに書かれている姿は、一部の著名な歯科医師のような雲の上にいる姿ではなく、これからの歯科医師としてあるべき基本的な、そして正統な歯科医師の姿であると私は考えています。

当院へ就職する先生が、未来への希望と誇りを持って働き、この7の姿に限りなく近づけるよう、私も副院長も心を込めてサポートいたします。

1. 勉強好きな歯科医師になれる

多数の書籍に囲まれた環境で、思う存分学べる!

私は、現在明海大学非常勤講師を務めており、木曜日などは大学へ行き、学生に指導しています。教えることが大好きですし、本を読むことも大好きです。当院へ就職された先生には、まずこの多数の書籍を読んで、日々学んでもらいたいと考えています。

山本副院長の場合
山本副院長も入社直後から、診療前と診療後多くの本を読んでいました。副院長のおススメの本は、「クインテッセンス」「歯界展望」「補綴臨床」「インプラントロジー」「アポロニア」などです。

これらの書籍は毎月医院に届きますので、最新の本を読むことができます。それ以外にも色々な本を読むことができるので、日々知識を増やすことができます。

私はアメリカ歯周病学会(AAP)にも所属しているので、アメリカからも論文が送られてきます。副院長も、最近は英語の論文を読んで勉強しています。

2. セミナー参加が大好きな歯科医師になれる

多数のセミナーの案内が届き、興味のあるものに参加できる!

私はほぼ休みのたびにセミナーに参加している自称「セミナーオタク」です。医療の世界は日進月歩なので、歯科医師の義務として常に自分の知識、技能レベルを上げる必要があります。

そのもっとも有効な手段はセミナー参加です。色々な歯科医院から多数先生がお越しになるので、とても刺激になります。

山本副院長の場合
山本副院長も入社直後から、多数のセミナーに参加しています。

副院長が今までに参加したセミナーの一例をあげてみますと、エンドセミナー、無痛麻酔入門、豚顎実習、IODデンチャーセミナー、日本国際歯周学会、Bone Manegement 講習会、POICウォーターセミナー、インプラントセミナーなど多数です。

来年、副院長と私は、それぞれ購入したマイクロスコープのセミナーに参加する予定です

3. マイクロスコープについて学べる歯科医師になれる

これからの時代はマイクロスコープ、一足先に学びましょう!

平成26年10月、以前から念願のマイクロスコープを購入しました。

約20倍にまで拡大して口腔内を診ることができます。

CTを導入したあたりから、診療の「見える化」にこだわってきました。その最終兵器がマイクロスコープです。

ただ、これを使いこなせるようになるにはまだ時間がかかりますが、臨床にも使い始めることで、どんどん慣れていくようにします。

山本副院長の場合
山本副院長は、平成26年に、なんと私より一足先にマイクロスコープを購入した強者です。副院長は、入社直後、私と一緒に参加したセミナーの講師の先生のマイクロ技術のレベルの高さに衝撃を受けて、約4年後、マイクロを購入したのです。

マイクロの可能性に期待をかけている副院長は、来年以降マイクロのセミナーに参加する予定です。
(マイクロスコープをご自身で購入する必要はありません)

4. 拡大鏡を使いこなせる歯科医師になれる

「もっと見たい」を実現する、サージテル拡大鏡の世界を知ってください!

10倍の拡大鏡で見ると、より倍率の低い拡大鏡を使っている歯科衛生士の歯石の取り残しなどがチェックできます。カリエスも見えやすくなりますし、根管も確認できます。それが拡大することの価値なのです。

時代は確実に「精密治療」に変わっています。時代の流れに取り残されないよう、共に学びましょう。

山本副院長の場合
山本副院長は、入社直後は2.5倍の拡大鏡を使用していました。その後5倍を使い、その時に裸眼とは全く見え方が違うことに驚き、その後1年間貯金をして、入社3年後、10倍の拡大鏡を購入しました。

拡大鏡、マイクロスコープと連続して購入したことが話題を呼び、平成26年販売元サージテルのインタビューを受けました。
(サージテル拡大鏡をご自身で購入する必要はありません)

5. CTによる診断ができる歯科医師になれる

CTこれからの時代の必須アイテム、CT診断に慣れておきましょう!

平成21年千葉市で3番目の歯科医院として、当院はCTを導入しました。

インプラントの治療に使いたい、とも思いから導入したのですが、その後、歯周病の治療などいろいろなことに応用しています。

患者さんは自分の口腔内が3次元で把握できると、とても驚かれます。そしてこちらの説明をよく理解してくれます。CTの診断はこれからは必須です。

6. セレックを使いこなせ、ワンデーセレックもできる歯科医師になれる

銀歯より白い歯へ、健康志向を背景に患者さんのニーズが変化しています!

平成22年他院へ先駆けてセレックを導入しました。「審美歯科の需要が増える」との読みが当たり、その後本当に多くの患者さんがセレックセラミックの白い歯を選択されました。

当院はメタルフリーを提唱しています。その期待に、今までよりお求めやすい価格で応えることができるのがセレックなのです。

山本副院長の場合
山本副院長は入社1年目頃からセレック治療を少しずつ始めました。

最初は印象を取ってセットする2回に分けての治療が主でしたが、最近はできる部分に関してはワンデーセレック(1日で型取りをしてセットする)をよく行っています。

副院長の技量は日々レベルアップして、セレックの適合は完璧です。

7. 院内感染対策にこだわる歯科医師になれる

院内感染に対する患者さんの目はとても厳しいです。世界標準の感染対策を学びましょう!

ディスポーザブル備品を多用し、患者さんごとに取り換えることで、普通の歯科医院とは次元の違う院内感染対策を実現していると自信を持っています。そして平成26年に治療用殺菌水エピオスエコシステムを導入したことで、当院の院内感染対策は世界標準に達したと思っています。

山本副院長の場合
山本副院長も入社直後からそのような環境で学んできたため、院内感染対策にとても理解を示してくれています。

医院概要

設立年月日 平成8年3月
医院長名、出身大学 葛山賢司 奥羽大学歯学部(平成3年卒業)
ユニット数 6台(2台は予防専用個室チェア)
レセコン デンターフェイス
土地建物 1戸建て
院内ラボ
診療時間 9時~12時、15時~18時
スタッフ人数 Dr 4名、DH 5名、受付 1名、DA 4名、保育士 1名
医院設備 CT,セレック3、拡大鏡、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)、ピエゾサージェリー、DACインターナショナル、治療用殺菌水連続除菌システム、その他多数
交通機関 JR外房線|土気駅より、徒歩7分

募集要項

職務区分 常勤歯科医師
募集科目 歯科一般、審美歯科、予防歯科、インプラント
応募資格 歯科医師
求人数 1名
勤務時間 平日:8時30分~19時30分まで
土曜日:8時30分~18時30分まで
休憩時間:13時30分~15時まで
(但し、研修はその都度勤務外に行う)
給与など 新卒:30万円
経験者:35万円~
昇給:年1回(相場に応じて)
賞与:あり(医院規定により支給)
退職金制度:無
歩合給:無
休日 日、祝日、医院指定曜日(完全週休2日制)
休暇 年末年始、夏季それぞれ5日
採用予定日 随時
加入保険 歯科医師国保、雇用保険、労災保険
学会出席 可能(補助あり)
交通費 全額支給(但し、上限あり)