CT診断科

CT診断科

CT診断科

CT診断科、私はこう考える

いままでのレントゲン検査では、2次元正面から透視した状態でした。

したがって奥行きがわからず、箱の中のボールを手探りで探すような治療をせざるを得ませんでした。

しかしCTによって、3次元画像解析がおこなえることにより、上下前後左右とあらゆる角度から診断が可能になりました。

見えない診断から見える診断の時代です。

「当院では、精密検査を行う全ての患者様にCT検査を行っています。」

CT診断の特長

CT撮影により骨の状態が確認できるのは、歯周病治療インプラント治療に、非常に有効です。

またむし歯の広がり具合がわかり、どの程度のむし歯なのか、診断できます。

根管治療(根の治療)では、根の形態が、分かることにより確実な根の消毒が行えます。

また根の先が化膿して膿が溜っている場合、根の治療で治るのか外科処置をしないと治らないのかなど事前に判断でき無駄な治療をしなくてもよくなります

そうです、CT診断は、全ての歯科治療で絶大な力を発揮するのです。

CT診断科の流れ

  1. CT撮影をします。
  2. CT画像から担当医が、診断結果をご説明いたします。