>お子様が歯医者嫌いにならず、楽しく通えるように色々な取り組みをしています。

小児科

小児科

大人の方でも「歯医者が苦手」とおっしゃる方が多くいらっしゃいます。ましてやお子様でしたら、歯医者さんが怖くて当たり前。そんなお子様を歯医者へ連れて行かなければならないお父様、お母様も大変ですよね。

でも、ご安心ください。
当院は、お子様が歯医者嫌いにならず、楽しく通えるように色々な取り組みをしています。この取り組みのせいか、
「歯医者大好き!」
「他の歯医者は嫌だけど、ここなら通える!」

と言ってくださるお子様も多くいらっしゃいます。
以下、その取り組みをご紹介します。

入った瞬間、楽しさあふれる歯科医院

お子様の場合、歯医者さんに入れず玄関の入口で泣いてしまう、なんてことよくありますよね。
でも、当院の場合はそんなことありません。まずは、受付のスタッフが優しく迎えてくれます。お子様には優しく話しかけることもありますよ。

また、待合室にはオモチャや本もあります。お子様が待つ時も退屈しないように工夫されているので安心です。

さらに、お母様から大好評なのが、待合室に貼ってある治療を頑張ったお子様たちの笑顔の写真です。

お母様はこれをお子様に見せて、「ほら○○ちゃんも頑張ったよ!だから、大丈夫だよ、」と話しかけることが出来ます。お子様にとっても大きな励みとなることでしょう。

まずは練習から。歯医者さんに慣れてね!

当院では、小さなお子様が歯医者さんを怖がるのは当然だと思っています。

だから、泣いてしまっても大丈夫。笑顔のスタッフが優しく診療室まで連れていきます。

診療室に入っても、泣いてしまうお子様にはいきなり治療はしません。
まずは、練習から始めます。「風さんだよ~。」といいながらエアーをかけ、
「掃除機さんだよ~。」と言いながらバキュームで吸い、少しでもお子様が診療になれるようにお声掛けいたします。

以上のように、当院では、歯科医院が初めてのお子様には、まず歯科医院の雰囲気に慣れてもらうことから始めます。いきなり治療ではなく、何回か練習する場合があるのです。なかなか治療が始まらない、と保護者の方は思われるかもしれないのですが、これも、お子様を歯医者嫌いにしないためですので、ご協力よろしくお願いいたします。

お子様にもフレンドリーに話しかけるから安心。

「歯医者に連れて行ったら先生がうちの子にあまり話しかけてくれなかった。」
「マスクをしているからムスッとしているみたいで息子も恐がってしまった。」
こんな経験ありませんか?

小さなお子様にとって歯医者はできれば行きたくない場所です。院長、スタッフが怖かったらなおさら行きたくないですよね。そのため当院では、院長以下スタッフはきちんとマスクを外して、フレンドリーに話しかけるように心がけています。

特にお子様にはとびきりの笑顔で話しかけるようにしています。

これまで小さなお子様もたくさん来院していただきました。中には、最初は泣いてしまったけれど、何回か通院しているうちに笑顔になり、最後には「歯医者さん大好き!」と言ってくれるお友達もたくさんできるようになりました。

でも治療中は真剣ですよ。お子様といえども、歯科医師はきちんと拡大鏡をかけて、細かなところまで見逃さず診療をします。きちんと見ることで、精密な丁寧な治療が可能になり、お子様の大事な歯を守ることが出来るのです。

治療後にはおもちゃのご褒美

治療が終わるたびに毎回お子様にはおもちゃのプレゼントが待っています!
これが楽しみで通ってくれるお子様もいるくらいなんです。

泣いていたお子様も最後には笑顔になります。
「好きなおもちゃをゆっくり選んでね。」
「また次回も待ってるね♪」
と声をかけるようにしているので、いつの間にか歯医者さんは楽しいところだと思ってくれるようになっていきます。

お子様の治療を成功させるためのアドバイス

当院では、保護者の方のご協力のもと、お子様の治療を成功させたいと思っています。
そのために、「お子様の治療を成功させるための5カ条」というパンフレットを保護者の方にお配りし、治療に対する共通の認識のもとに治療を進めていきます。

1カ条

治療を成功させるためにも、お母様に使って頂きたくない言葉があります。

痛くないからね→これはお子様にとって治療は痛いこともあります。お母様に「痛くないからね。」と言われることで、お子様はお母様が嘘をついたと思ってしまうから、避けた方が良い言葉です。

ちょっと見るだけだから→これも上と同じ理由で、治療はすぐには終わらない場合もあります。お母様が「すぐに終わるからね。」と言われると、直ぐに終わらない場合は、お子様はお母様が嘘をついたと思ってしまうから、避けた方が良い言葉です。

2カ条

3歳以上のお子様は一人で治療を受けて頂きます。 (3歳未満のお子様は保護者の方が診療室で付き添われても結構です)
お子様が診療室に一人で入る、保護者の方は不安ですよね。でも、ご安心ください。当院スタッフがお子様の治療をしっかりとサポートいたします。

保護者の方が付き添われると、お子様はどうしても甘えてしまうもの。本来なら一人で出来る治療も、甘えてしまい出来ない、ということも起こりがちです。
お子様の自立を信じて、待合室でお待ち下さい。治療の内容については、後でスタッフから詳しくご説明させて頂きます。

3カ条

お子様が治療を頑張って終了させたら、大いに褒めてあげて下さい
お子様が泣きながらも、とにかく治療を終了させたら、その時は大いに声掛けをして、褒めてあげて下さい。
泣いてしまっても、とにかくその日の治療が出来たら素晴らしいです。泣きながらも、先生の言うことを聞いて、頑張った証拠です。
抱きしめて、褒めてあげて下さい。次の治療への、お子様の大きな自信になるはずです。

保護者の方からのよくあるご質問にお答えします

質問1.  フッ素は何歳から塗れるのですか?
歯が生えてくる頃、生後6カ月ごろから塗ることが出来ます。
当院では、フッ素の塗布を奨励しています。フッ素は歯の質を強くして、酸から歯を守ってくれます。
特にお子様の場合は、「感染の窓」と言われる1歳7カ月ごろからむし歯菌に感染をし始め、乳歯のうちに虫歯になることがあります。その頃の歯を守るためにも、フッ素の塗布は有効です。

質問2.  歯科医院で塗ってもらうフッ素と家で塗るフッ素に違いはありますか?
歯科医院で塗るフッ素の方が高濃度のフッ素です。
当院では、半年ごとの定期健診で最後にフッ素を塗るようにしています。それ以外に、ご家庭で塗れるフッ素を販売しています。
出来ればフッ素は毎日1回使用してほしいもの。色々な味がありますので、寝る前歯磨きの後に、お子様の歯にフッ素を塗ってあげて下さい。

質問3.  子供を虫歯にしたくないのですが、予防法はありますか?
もちろん、予防法はあります。お子様のやがて生えてくる永久歯を守るためにも、当院ではお子様は特に予防が大事だと考えています。
当院では、お子様の予防も大人の方と同じ、まずは精密検査で詳しく調べ、口内環境検査でむし歯菌などを調べ、その上で治療計画、予防プログラムを立てることが必要だと考えています。
予防プログラムにそって、定期的にクリーニング、健診で歯科医院に通えば、お子様の歯はむし歯からほぼ守ることが出来るのです。お子様はいつまでも、笑顔の美しい、健康的な生活を送ることが出来るのです。