インプラント博士号を取得した院長が担当。

親知らず治療

親知らずとは?

奥歯の、そのまた一番奥に、そして一番最後に生えてくる歯です。18歳から20歳くらいで生えてくることが多いです。

人間の一生が短かったころには、すでに親は死んで、いなかった年齢であったため、「親知らず」と呼ばれています。

親知らずはなぜ抜いても大丈夫なの?

食事が柔らかくなり、噛む回数が減ったなどの影響で、日本人のあごは近年小さくなる傾向にあります。

親知らずが生えるころには、ほかの歯はすでに生えそろっているので、結果的に親知らずが生えるスペースが不足する人が増えています。

スペースが足りずに、親知らずが水平に生えたり、傾斜して生えたりすると、痛みや腫れなどのトラブルを引き起こす原因となり、抜歯が必要となるケースも多いのです。

また、親知らずは、現在退化傾向にあって、少しずつ小さくなっています。退化傾向の影響で、噛みあわせに影響する力も小さくなっていて、現在では、親知らずはなくても困らない歯になっています。

そのようなわけで、トラブルを起こしたり、将来トラブルを起こしそうな歯は抜いても大丈夫なのです。

まだ痛くないのに、なぜ抜歯するの?

親知らずは、いくら抜いてもよいといっても、「みんな抜いてよい」というわけではありません。

まっすぐ生えていて、上あごと下あごの親知らずがしっかりと噛みあっている場合は、抜く必要は全くありません。 大事にケアして長く使うことができれば、それに勝ることはないのです。

「抜かなければならない」と歯科医師が判断するのは、トラブルが起こり始めている、またはごく近い将来トラブルとなると予測される時です。

異常がある親知らずの引き起こすトラブルは、診察や、CTレントゲン画像、エックス線画像に写った歯の生え方などの症例により、診断することができます。

親知らずの引き起こすトラブルについては、ひどくなる前に抜くことが、その後の大きなトラブルを回避する唯一の方法です。

どんなときに抜歯するの?

  1. むし歯になる・・・親知らずが隣の第二臼歯に向かって生え、その間のブラッシングが難しく、大切な第二大臼歯がむし歯になってしまう場合。
  2. 歯ぐきや、そのさらに奥に炎症が起きる場合・・・親知らずが生えているところは、でこぼこして汚れがたまりやすく、細菌に感染しやすい場所です。感染すると歯ぐきが腫れて痛むようになってしまいます。この状態をほおっておくと、歯ぐきの炎症が更に周囲に及び、骨膜炎などを引き起こすこともあります。早期の予防的な抜歯が望ましいです。
  3. 歯並びが悪くなる・・・親知らずがほかの歯を押し出し、そのため歯並びが悪くなってしまいます。このような場合も、早期の予防的な抜歯が望ましいです。

親知らずの抜歯は、なぜ難しい?

親知らずのトラブルは、横向きに生える、または斜めに生えるという萌出異常によって引き起こされます。異常のある親知らずは、そのほとんどがあごに埋まったまま悪さをします。

そこで、あごの骨を最小限に削って、埋まっている歯を分割し、取り出さなくてはなりません。また、親知らずの近くには、太い神経も通っていて、とてもデリケートな部位なのです。こうした環境に最大限の注意を払って、手術を行います。

かつらやま歯科医院では、親知らずの抜歯が可能な場合があります。
その理由は・・・

理由1 口腔外科出身の抜歯専任歯科医師がいる

歯科医師 今中ひろみ

歯科医師 今中ひろみ

略歴
  • 平成4年3月 東京歯科大学歯学部卒業
  • 平成4年4月 東京歯科大学口腔外科第二講座 特別研究生入学
  • 平成5年月 同大学同講座特別研究生修了その後他院にて勤務
  • 平成20年9月 当院へ入職現在に至る
セミナー終了実績 根管治療セミナー
得意分野 抜歯
患者様へのメッセージ 抜歯ならお任せください!
今中歯科医師を推薦します(院長)

今中歯科医師は平成20年に当院のスタッフとなってから、子育てと両立して当院での勤務に励んでくれました。

その今中が得意とするのは、口腔外科出身を活かした抜歯です。はっきり申し上げて、私より上手いです!

今中歯科医師の凄さを物語るエピソードがあります。
ある患者様のお母様が、とても嬉しそうに話して下さいました。「娘は、親知らずを2本同時に今中先生に抜いていただいたのですが、その日の夕方なんとピーナッツを美味しそうに食べていたのですよ!こんなことって初めてです。」

当院で対応できる抜歯は、可能な限り今中が勤務している日に行うようにしています。それの方が、患者様への負担も少ないからです。もちろん、私も山本副院長も抜歯は行えますので、予定が合わない患者様は私たちが対応いたしますのでご安心ください。

理由2 CTレントゲン完備

当院では、お口の中を3次元にとらえることができるCTを導入していますので、親知らずの抜歯の際には、必ずCT撮影を行います。

通常のレントゲン写真だと横からしか見ることができないのですが、CTだと縦や上からも見ることができ、親知らずがどの方向に生えているのかを、レントゲン写真より正確に確認することができるのです。

理由3 サージーボーンを導入している

親知らずの抜歯は外科手術を伴うので、わずかなミスも許されません。

サージボーンは、ピエゾの微細振動により、骨などの硬組織のみ選択的に繊細な切削が行えます。

簡単に言うと、誤って必要ない部分を切ってしまうことを防いでくれるのです。軟組織への侵襲が少ないので手術のクオリティを向上させ成功率を高めます。

つまり、ピエゾエレクトリックデバイスの微細振動は、硬組織には力が作用しますが、軟組織には作用しないのです。親知らずの歯根の先には、ほとんど触れるように太い神経が通っています。

この神経を傷つけると、麻痺やしびれが残ってしまいます。このようなやわらかい組織は傷つけたくないのですが、骨などの硬い組織は削りたいのです。その際、このサージーボーンが大いに力を発揮し、安全・確実な親知らずの抜歯を可能にしてくれるのです。

以上のように、当院でも親知らずの抜歯が可能です。
ただ、CTやエックス線画像での診断により、当院でもどうしても難しい場合があります。その場合は、近隣の大学病院、総合病院と連携していますので、責任を持って紹介状を書きますので、ご安心ください。

抜歯後の注意点

※親知らずに限らず、抜歯後の注意点は同じです。

抜いた日は激しい運動はお控えください

歯を抜くと出血し、その後にかさぶたになります。それまでは血が出やすくなっているので、飲酒、激しい運動、長時間の入浴は避けましょう。(シャワー程度なら可)血行が良くなってしまい、出血しやすくなります。

抜いた部位は舌などで触らないで下さい

舌や食べ物、水などで抜いた穴に触れないように極力気をつけて下さい。かさぶたが気になるかもしれませんが、剥がしてしまうとばい菌に感染してしまう恐れがあります。

当日は、うがいは行わないで下さい

激しくうがいをしてしまうと、かさぶたができなくなってしまいます。また、かさぶたができても取れてしまうことがあります。ですので、うがいは行わないで下さい。歯磨きも、歯磨き粉なしで行うようお願いします。

腫れた時の対処法

抜歯を行うと腫れることがあります。下顎の歯を抜歯しえた際に腫れることが多いです。もし腫れた際には、保冷剤などを使って軽く冷やすと腫れる度合いを少しは減らすことが出来ます。腫れが酷い場合には、早急にご連絡をお願いします。

出血が止まらない場合には

清潔なガーゼを噛むと、30分程度で出血が止まる場合がほとんどです。長時間止まらない場合には、ご相談下さい。