歯科の豆知識

よい土台とケアが差し歯の寿命を延ばします

ようこそかつらやま歯科医院へ

ママさん歯科衛生士の桑村です!

皆さんも耳にした事がある、もしくは現在お口の中に入ってる方もいらっしゃるかもしれない「差し歯」についてお話したいと思います。

差し歯とは、患者さんご自身の歯の根を大切に大切に残し、そこに土台を立てて上から被せ物をかぶせてあげる築造物です。

差し歯は歯グキに直接、差してあると勘違いされる事も多いのですが、差し歯の下には患者さんご自身の天然歯である歯の根があるのです。

差し歯の寿命を延ばす為に最も重要なのはこの天然歯である歯の根を大切に維持していくことです。

虫歯などによって神経が細菌に汚染された歯は神経をしっかりと取り除き、よく掃除して被せ物をすると、その後も使い続けることができます。しかし、神経を失った歯は神経のある歯に比べて格段と弱くなります。その為、歯の根を補強し土台を立てる必要があります。

土台には従来の金属の土台と、最近技術であるファイバーコアがあります。

金属の土台は天然歯に比べて格段に硬く、力が加わっても歯と一緒にたわんでくれません。時に楔のような働きをしてしまい、根にひびが入ってしまうことがあります。

一方、ファイバーコアは天然歯と同じくらいの弾性がある為、力が加わった時に歯とほぼいっしょにたわんでくれます。また、日本がリードする歯科技術「接着技術」が応用された治療法です。レジンが歯にダイレクトにガッチリ接着し、金属の土台を使う時よりも歯を削る量が少なくてすむという優れた技術です。

神経を失い、いのちのなくなった歯も歯にやさしい方法でしっかりと噛む力を支える事ができれば歯の延命に一段と有利になります。

治療が終わったあとは、被せ物の下で常に働いてくれているご自身の大切な天然歯を虫歯や歯周病にしないように大切にケアして守っていきましょう!