歯科の豆知識

セレック治療を受けませんか?~その7~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

院長の葛山賢司です。

当院では現在、義歯について色々な種類があることを知っていただくための「義歯キャンペーン」を行っています。義歯もその方に合う義歯、合わない義歯で、その後の使い勝手が全く違ってきます。先日、当院へお越しいただいた女性の患者さんは、今まで保険の義歯を使っていたそうですが、違和感があり、ずっとつけていらっしゃいませんでした。お話をお伺いすると、

「あまりに合わなくて、一年ぐらい食事をする気になれなかった。」

とおっしゃっていました。これを聞いたとき、私は思わずぞっとしてしまいました。人間にとって一番重要だと思われる食事をしたくなくなる、それも義歯のせいで・・・歯科医療の重要性を感じさせる出来事でした。でも、この方は今では保険外の義歯にされ、先日お話をお伺いすると

「先生、この義歯とても調子いいです。すごくいいです。食事をするのが楽しみになりました。」と笑顔でおっしゃっていただきました。本当によかったと思います。

さて、今日は前回から引き続きお話をしているセレック治療の”短所”についてお話しいたします。長所と短所を両方ご理解いただいた上で、ご自身にあった治療法をお選びください。

  • セレック・セラミック治療の短所

ここまで、セレック・セラミック治療の特長を述べてきました。では、セレック・セラミック治療に短所はないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。どのような治療法にも必ず長所もあれば、短所もあります。

 

★保険適用外なので、費用がかかる

セレック・セラミック治療の最大の欠点は費用面です。保険適用外なので、保険治療の銀歯と比べるとやはり高額な治療です。当院では、セレックの小さな詰め物は44280円、大きな詰め物は71280円、セレックの小さな被せ物は76680円、大きな被せ物は787480円です。(全て税込)

 

しかしながら、被せ物に関していえば、技工所に出すオールセラミックは140400円ですから、それに比べるとセレックの被せ物は半額以下となり、見た目や耐久性を考えてもかなりお得感が出るのではないでしょうか。ちなみに1日で治療が完了するワンデーセレックは55080円です。(いずれの価格も税込価格です。また、5番までの小臼歯と6番以降の大臼歯では価格が変わります。詳しくはスタッフにお尋ねください。)

 

★セット後の痛み

セレックはセット後、噛みあわせたときの痛みや、冷たいものを飲んだ時の痛みが出ることがあります。ただこれは人によって感じる度合いが違い、大多数の方は何の痛みも感じず、快適に過ごしていらっしゃいます。

 

ただし、この痛みは、ほとんどの方は時間の経過とともに徐々に治まってきますが、人によっては1か月以上と時間がかかる場合があります。そのような時は、遠慮なく当院、もしくはかかりつけ歯科医院へご連絡ください。レーザー治療など、痛みを緩和させる処置を行い、その後の経過を見ます。