歯科の豆知識

合っていない義歯我慢してつけていませんか?その1

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

入れ歯が合わないので、柔らかい物しか噛めないーそのようなお悩みをお伺いすることがあります。入れ歯のせいで美味しいものが味わえないとしたら、人生の楽しみを逃してしまっているような気がしませんか?

健康面からいっても、 美味しい物をよく噛んで食べるということは、認知症の予防に効果があるといわれています。また、自然な口元を作り、お話しするにもご自身に合った入れ歯を入れて、きちんと使い続けることがとても大切です。

入れ歯を意識せずに食事や会話が出来れば、気持ちも明るく自信も生まれてきます。入れ歯はあなたの過ごす大切な時間の全てに必要なものです。 そのため、より快適で、あなたの体に優しい入れ歯を選んでいただきたいのです。

当院では、義歯の治療にも力を入れています。このブログでは、入れ歯の構造、種類や特徴について詳しくお話ししていきます。

●初めて義歯をお考えのあなたにお伝えしたいこと

歯を全部失う、部分的に失うことは、どんな人にとっても大変なショックです。このショックから立ち直り、これからの一生を義歯を使って生活してゆかねばならないことを理解するまでに、誰でもある程度の時間を必要とします。義歯を使うことは自分の健康な歯のように快適ではありません。しかし歯科医療の進歩のおかげで、今日の義歯は虫歯や歯周病でぶらぶらになっている天然歯よりもずっと良いものです。新しい義歯に慣れてしまえば、この「新しい歯」に満足されるでしょう。

義歯を使い始めて最初は、義歯を入れているのが不快であったり、「使い物にならない」と思われても、どうか我慢してください。誰でも練習によって初めて義歯の正しい扱いを学ぶことができるのです。

ただ、義歯にもさまざまな種類があり、それぞれの特長があります。残念ながら、ご自身に合わない義歯を使うと、せっかく作っても、その後「違和感があって使えない」という方も非常に多くいらっしゃいます。初めて義歯をお考えの方は、義歯のそれぞれの特長について、まずは知っていただきたいと思います。

合っていない義歯を使うことで起こる8つの悩み

当院には「義歯が合わない」というお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。以下、そのような方に多く見受けられるお悩みを挙げてみました。「自分にも当てはまる!」と思われた方は、ぜひ歯科医師にご相談ください。合っていない義歯を使い続けることは、口腔内、全身、そして精神面など全ての健康に悪影響を及ぼします。

  1. 痛い→痛いのには原因があります。原因を明らかにすることが必要です。
  2. 外れやすい→外れやすい義歯をそのままにしているとますます歪んでくる場合があります。
  3. 入れ歯を入れると吐き気がする→合っていない義歯を使う際の典型的な症状です。
  4. 噛めない→その人のあごの動きに義歯の噛みあわせがあっていないことが考えられます。
  5. 食べ物の味がしない→歯ぐきや粘膜を覆いすぎると味を感じにくくなります。
  6. 話がしにくい→口腔内が狭くなり、舌が思い通りに動かず話しにくくなります
  7. 唾液が出にくく、口腔内が渇く→義歯が唾液腺を塞いでしまい、必要以上に口が渇くことがあります。
  8. 義歯で顔が変わってしまう→いかにも「義歯をつけています」という顔になることもあります。

次回のブログでは、当院で扱っている義歯の種類についてお話しします。

千葉市 緑区 あすみが丘 できる限り削らない 神経を取らない 痛みのすくない治療を行う かつらやま歯科医院

 

 

 

 

 

1 / 11