歯科の豆知識

8月特集~歯ぎしり~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

8月の歯科豆知識のテーマは「歯ぎしり」です。

歯ぎしりでどんな事が起こるか、前回は歯が摩耗するとお伝えしましたが、もう一つ起こりがちなのが、エナメル質が傷んで、ヒビが入ってしまう、ということです。

②エナメル質がいたんでくさび形に欠けてしまう!

強い力が歯に掛かり続けるとエナメル質に細かいヒビが入ります。やがてヒビが拡がり、エナメル質はポロポロと剥がれ落ちます。ここを歯ブラシでゴシゴシと磨くと、摩耗のためエナメル質がさらに削れて、力が集中してかかる歯の根元がくさび形にかけた状態になります。するとエナメル質に比べてやわらかく酸に弱い象牙質がむき出しになり、しみやすく、汚れがたまり虫歯になることもあります。

③歯槽骨が溶けて歯周炎の治療が進まない

最近による炎症がなくても、過剰な力がかかると歯槽骨がじわじわと失われていきます。これに細菌による炎症も加わると、歯周炎は悪化しやすくなってしまいます。また、歯周炎になっている患者さんの場合、歯石を取り細菌を減らす治療をしても、過剰な力が掛かっているために歯槽骨がダメージを受け、思うように治療が進みません。

8月の特集~歯ぎしり~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

8月の歯科まめ知識のテーマは「歯ぎしり」です。

無意識に行われている歯ぎしり・くいしばり。ストレスの発散に必要なものなのですが、歯にとっては大変な脅威です。そこで、歯ぎしり、食いしばりをしているときはどんなことが起こりがちなのか代表的なケースを見てみることにします。

①歯が摩耗する

強い力でこすり合わせ続けると、歯が摩耗して減っていきます。徐々に歯は削れて平になり、エナメル質が失われてついには象牙質がむき出しになってしみるようにもなります。象牙質はエナメル質よりもやわらかいためさらに摩耗しやすく、酸に弱いため虫歯にもなりやすい状態です。また、歯が平らになると、上下の歯の本来のかみ合わせの位置がわからなくなり、かみ合わせがずれやすくなります。

8月特集~歯ぎしり~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

8月の歯科豆知識のテーマは「歯ぎしり」です。

虫歯が多いわけでもなく、かみ合わせも特に悪くないのに、なぜか詰め物がすぐ取れたり、治療した歯が折れたりということはありませんか?それはもしかしたら、歯ぎしりが習慣化しているサインかもしれません。歯ぎしりは、とても気づきにくいのですが、大変なトラブルを引き起こすことがあるのです。

当院でも、治療がうまく進まない患者さんがいらっしゃいます。治療後も同じです。しっかりいれた詰め物が短期間で取れたり、被せものが壊れたり、更には歯根が折れたり、思いがけないトラブルを繰り返し、来院される方がいらっしゃるのです。このナゾをとく鍵は「歯に加わる過剰な力にあります。人生の辛い時期や仕事に追われたとき、そのストレスを発散するために無意識に歯ぎしりや食いしばりをしていたのです。

力によるトラブルは、「丈夫な治療をして防ぐべきものだ」と以前では考えられていました。しかし今では、ストレスによって起こる過剰な力を減らさない限りどんな治療も対処療法に過ぎず、根本的な解決は望めないことがわかってきたのです。割れた、とれたという歯のトラブルは一見突然起こるようですが、実は無理が続いた挙句に起きるトラブルです。まして、虫歯や歯周病があるところに力が加わり続ければ、歯を失うリスクはますます高まります。

ストレス社会の中、歯ぎしり・くいしばりは頻度と程度に差はあれ、だれもがしていると思ってよいでしょう。ですから、歯ぎしりや食いしばりがいかに大きな問題なのかを知っていただき、ご自身の無意識に気づいていただくことが、歯を守る第一歩なのです。

 

 

 

 

8月特集~歯ぎしり~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

8月の歯科まめ知識のテーマは「歯ぎしり」です。

歯ぎしりは就寝中にぎりぎりと歯をこすり合わせることです。そしてくいしばりは就寝中に限らず仕事や家事、勉強中などに歯をグッと食いしばることです。歯ぎしりもくりしばりもその主な原因はストレスで、心のバランスをとり、ストレスを解消するために行う大切な防御行動だと言われています。無意識に行われているので自覚することはまれで、家族や歯科医師などから指摘されて知ることがほとんどです。

なぜ歯ぎしりが問題なのでしょうか?

それは、歯を失う原因にもなるからです。歯を失う原因として一般的なものは①虫歯②歯周病です。でももう一つの大きな原因があります。それは③過剰な力です。歯ぎしり、食いしばりによる過剰な力は、知らず知らず患者さんの歯を痛め、治療の経過にも悪い影響を与えるため、見過ごすことのできない問題なのです。

歯にかかる力は、奥歯では60キロ以上にもなると言われます。食事の時以外にもこのような強い力が日常的に加わり続けると、硬い歯も壊れてしまうことがあるのです。上下の歯は、食事の時や唾液を飲み込む時以外は、離れているのが普通です。

8月特集

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

今月の「歯科豆知識」のテーマは「歯ぎしり」です。

詰め物が繰り返し取れてしまう、

治療した歯が折れてしまった、

それは、もしかしたら無意識に続けている歯ぎしり、食いしばりの影響かもしれません。

当院でも、時々、「この方は夜間に歯ぎしりしているな」とわかる方が、来院されます。なぜわかるのですかって?そういう方々のお口の中にはある共通点があるのです。

あなたは、仕事中奥歯を噛み合わせていませんか?通常歯と歯が噛み合ってはいけないのです。

朝起きたとき、顎が疲れていませんか?

一緒に、歯ぎしりのこと勉強してみましょう。

 

 

 

 

7月特集~口臭の原因~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

7月の歯科豆知識の特集は「口臭の原因」です。

前回までは、口臭の原因の主なものが「歯周病」で、歯周病が進むと、どうして口臭が発生するのかをお伝えしました。今回は、口臭の原因である「歯周病の予防法」についてお話します。

歯周病は、歯周病の原因になる菌がお口の中から入ってくることでスタートしますので、お口の中を菌が住みにくい状態にすることが必要です。そのために重要なのが、毎日の歯磨きで、菌が集まる歯ぐきの中の汚れをしっかり落とします。それだけでは、歯周ポケットの中の菌までは落とせません。菌がつかまる歯石や、菌のマンションであるバイオフィルムをきちんとお掃除してもらうことを「メインテナンス」と呼びます。当院では、特別な機械でお掃除しますが、お掃除してもまた時間がたつとバイオフィルムがついてしますので、定期的にメインテナンスしましょう。

当院では、口臭が気になる方には「口臭検査」をお受けいただいて、口臭測定を客観的に行っています。

また、口内環境検査を受けて頂き、また歯周病の状態も併せて、その方に一番合ったメインテナンス内容、期間などをご提案しております。まずは、当院スタッフにお気軽にご相談下さい。

7月特集~口臭の原因~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

7月の歯科豆知識は「口臭の原因」です。前回は、歯周病が進行するまでのお話をしました。

歯周病の最終段階になると、歯ぐきはますますブヨブヨで、血や膿も出るから常に擦り傷ができているようなジュクジュクの状態です。常に「炎症」が起きているのです。歯を支える骨もすっかり溶けてなくなってしまいます。だから歯はもちろんグラグラして、歯並びもガタガタになりますし、ちょっとでも固いものを食べようとすると痛くて噛めません。

そして、更に困ったことに、ポケットの中で餌を食べた歯周病菌は「臭いオナラ」を出すのです。歯周病菌が出すオナラは何かが腐ったようなにおいがするのが特徴です。元気な歯周病菌の数が増えると、それだけ匂いも臭く、お口の中も臭くなります。これが口臭の原因です。菌の数が増えるスピードが速いと、歯周病の前の段階の歯肉炎の状態でも臭くなることもあります。

7月特集~口臭の原因~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

7月の歯科マメ知識の特集は「口臭の原因」です。

前回は「歯周炎」と「歯肉炎」の説明をしましたが、今回は「歯槽膿漏」についてご説明します。

歯周炎、歯肉炎と進むと、歯と歯茎の間の溝がますます深くなり、「歯周ポケット」と呼ばれるぐらい広くなります。そこを棲み家として、歯周病菌が増えていきます。そうすると歯茎の警備員(免疫)は怒ります。歯茎はますます腫れて、血も出てきます。血が出るということは、それだけ悪い菌がいて、悪い菌に負けないよう、体が戦っている証拠なのです。

そしてその状態をそのままにしておくと、歯を支えている骨が溶けてきます。人間の体も歯周病の害が他の所に及ばないよう、骨を溶かして犠牲にするのです。ただし、この状態でもまだ、痛みを感じないことが多いのです。この状態が「歯周炎」です。

これ以上進むと、歯茎はブヨブヨで赤黒くなり、膿も出てきます。血液の中にいる免疫が歯周病菌と戦うと、歯周ポケットは死んだ菌やボロボロになった歯茎の組織でいっぱいになります。これが膿なのです。歯周病は歯槽膿漏と呼ばれますが、これは正に膿が漏れた状態を指すからです。

そして骨がますます溶けていき、ここで初めて歯がグラグラしてきます。骨が溶けるのは、体がどうにかして、歯周病菌が体の中に入ることを食い止めようとするからです。

7月特集~口臭の原因~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

7月の歯科マメ知識の特集は、6月に引き続き「口臭」についてです。

ちなみに、当院では「ご家族紹介キャンペーン」を8月30日まで行っています。8月30日までにお越しいただいた方は、「口臭測定」をお受けいただきますので、ぜひご家族の方ご紹介くださいm(_ _)m

歯肉炎から歯周炎へ

歯周病の始まりは歯肉炎、歯茎が赤くなり少し腫れます。このような状態の時に歯磨きをすると、歯茎から出血することもあります。歯茎に炎症が起きているから歯肉炎と呼ばれますが、炎症が起きているのは、歯周病菌の出す毒に対して体の中にいる免疫が怒っている証拠です。ただ、この状態の時は、触っても痛くないし、ご飯を食べる時も違和感もないので、ついついほおっておきがちです。

しかし、この状態をほおっておくと、歯周炎になってしまいます。歯周炎になると、歯と歯茎の溝が深くなり、歯茎がぷくっと赤く腫れたり、血も出ますし、歯を支える骨が溶け始めます。こうなるともう溝ではないので、歯周ポケットと呼ばれます。