歯科の豆知識

入れ歯だっておいしく食べたい!「義歯の清掃」

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

高齢化社会に伴って需要が増している義歯についてお伝えしています。今日は義歯の清掃についてです。

義歯の清掃に関しては、初めて義歯をお使いになる方だけではなく、現在義歯を使っている方にもご参考にしていただけます。

できることなら、義歯の汚れは毎食後にきれいにすることで速やかに落としましょう。まず、義歯を水で洗ってから、歯ブラシと洗浄剤で付着している食物のかすも取り除きます。その際には、もし義歯が手から滑り落ちても欠けたりすることのないように、半分ほど水の入った洗面器のうえですると安全です。

水中で泡を立てて溶解する、種々の義歯洗浄剤を用いた化学洗浄もよいでしょう。ちなみに当院でも義歯洗浄剤「入れ歯爽快」(1620円)をお取り扱いしています。しかし、その場合にも、前もって水とブラシで食物のかすを除去しておくことが大切です。

洗浄した義歯を夜中に装着してもかまいませんが、装着したほうがいいかどうかは、かかりつけ歯科医師にお尋ねください。

入れ歯だっておいしく食べたい!「食事について」

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

初めて義歯を入れた方へ、義歯の扱い方についてお伝えしています。

本日は「食事」についてです。初めて義歯を入れてお食事をするのはなれないものです。

以下の点に注意してお召し上がりください。

●義歯で食事をすることを練習するには忍耐と根気が必要です。食事が最初は困難であっても、落胆してはいけません。噛み砕きやすい食物から始めて、ゆっくり少しずつ食べましょう。それからだんだん一度に噛む量を増やします。そうすれば、いつかは以前と同じ速さで食事ができるようになれます。

義歯は天然の歯のように歯根によって顎のうちの骨に固定されているわけではありませんから、これまでの習慣を次の2つの点で変える必要があります。

1.前歯で食物をかみ切ってはいけません。義歯が動揺しないでかみ切れる箇所を探しましょう。(たいていは犬歯のすぐ後ろの部位でしょう)固い食物は(例えばパンの皮)、手で上方に押し当て、上の義歯を支えながら、下の義歯でかみ切るようにしましょう。

2.できるだけ片側の歯だけで噛むのを避けましょう。食物を舌で口の両側に分け、義歯が均等に押し付けられるようにすれば、義歯の動揺を防ぐことができます。

最初は、食物のかすが義歯の下に入り込みやすいものです。しかし、義歯が完全に収まり、口腔内の軟組織が適合してしまえば、それはなくなります。

入れ歯だっておいしく食べたい!「発音について」

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

今月のテーマは「入れ歯・義歯」についてです。

●義歯での発音

新しい義歯で話そうとすると、最初は多分特定の音を発音するときに、発音しがたいことにお気づきになるでしょう。特に難しいのはさ、し、す、せ、そのさの行音です。その音を発音する際にはいくらか「舌足らず」のような感じになるかもしれません。

新聞や本を大きな声で朗読しながら鳴らしていくのが最も良い方法でしょう。発音の難しい言葉にぶつかったら、はっきりと言えるようになるまで何度も繰り返します。

その際、鏡の前に立って、顔の表情を観察するとよいでしょう。

入れ歯・義歯だって美味しく食べたい!

★外観★

歯科医療の進歩のおかげで、今日では天然歯と外見上まったく区別できないほどの義歯を作ることができます。ですから他人にはそれと気づかれずに義歯を使用している人もたくさんいます。

義歯を入れたからと言って引け目を感じたり、恥ずかしがったりすることはありません。躊躇しながら笑ったり、顔をそむけたり、あるいは口を手で押さえたりさえして、義歯を隠そうとせず、あなたが自由にふるまえば、義歯を装着していることは他人に気づかれないものです。

義歯を使い始めた直後は、あなたの顔の表情は少し「変わった」ように思われるかもしれません。それは、義歯の保持が上手にできないので、顔の筋肉がまだいくらか緊張しているせいです。しかし、自然な無理のない顔の表情がすぐに戻ってきます。

義歯が気になって鏡をのぞいてみると、あちこちの小じわが気になったり、あるいは顔の左右が不均衡なことに気づくかもしれません。しかしこれは、以前からそうだったのかもしれません。義歯を入れて、改めて自分の顔を観察したために、今まで気にならなかったことが気になっているのかもしれません。また、顔や歯並びの不釣合いは、義歯によってかえって修正することができます。

入れ歯・義歯だって美味しく食べたい!

★ショックとなれ★

歯を全部失うことは、どんな人にとっても大変なショックです。このショックから立ち直り、これからの一生を義歯を使って生活してゆかねばならないことを理解するまでに、だれもがある程度の時間を必要とします。このショックから立ち直り、これからの一生を義歯を使って生活してゆかねばならないことを理解するまでに、だれもがある程度の時間を必要とします。義歯を使うことは、自分の健康な歯のように快適ではありません。しかし歯科医療の進歩のおかげで、今日の義歯は虫歯や歯周病でぶらぶらになっている天然歯よりもずっと良いものです。新しい義歯になれてさえしまえばあなたはこの「新しい歯」にきっと満足されるでしょう。そのためには私たち歯科医師も協力を惜しみません。

あなたが義歯になれきるまでにはしばらく時間がかかります。また、義歯を正しく使用する方法を学ぶのにも努力が要りますが、この努力は、歯並びの外観が美しくなり粗食の機能を再び回復できれば十分に報われることでしょう。

義歯を使い始めて最初の数日間、義歯を入れているのが不快であったり、「使い物にならない」と思われても、どうか我慢してください。だれでも練習によってはじめて、義歯の正しい扱いを学ぶことができるのです。それはスキーを練習するときと同じです。初めてあの長い坂の上に立って、すぐにスキーができる人はいません。滑っているときに平衡を保つように、体の筋肉がまず相互に訓練をしなければなりません。同じように、食物をかんだり、口を開いたりするときに働くあなたの咀嚼筋もまず、咀嚼時とその他すべての運動の時に義歯をしっかり保持する練習をしなければなりません。毎日練習しながら少しずつ慣れていけば、いつか必ず正しい義歯の使い方を覚えられます。

入れ歯・義歯と肺炎の関係(アメリカ歯周病学会から)

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

歯科豆知識今月のテーマは「入れ歯・義歯」についてです。

アメリカ歯周病学会(AAP)から毎週届くニュースをお届けしています。今回は「入れ歯・義歯」に関する話題です。

夜間、入れ歯をつけたままで寝ると肺炎の危険性が高まるということが、日本の研究者の調べで明らかになったそうです。夜間はずして寝る人に比べて、肺炎になる確率が約2倍に高まるそうです。入れ歯はどうしての汚れがたまりやすく、就寝中に細菌が繁殖し、肺に入り込むと肺炎の危険性が高まるということのようですが、これは実は難しい問題です。入れ歯を外して寝ていると、例えば夜間震災があった時に、避難先で入れ歯がないと食事ができないということも起こりえます。

適切な入れ歯の装着は人によって異なりますので、ご不安な方は歯科医師にご相談ください。

入れ歯・義歯だっておいしく食べたい!①

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

歯科豆知識:今月の特集は「入れ歯・義歯」についてです。

最近お問い合わせの多い義歯の治療についてお伝えいたします。

まずはこれから入れ歯を入れる方からよくお受けするご質問についてお答えいたします。

Q.「歯を抜いて部分入れ歯を入れるようすすめられましたが不安です。歯が抜けたままではだめでしょうか?」

A.入れ歯という言葉に抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。けれど歯が抜けたままにしておくと、隣りの歯が傾いて来たり、噛み合うもう一方の歯が移動したりして、噛み合わせが悪くなります。また、歯が抜けていない側ばかりで噛んでいると、そちら側の歯を酷使するので、新たな不具合が出てきてしまいます。むしろ入れ歯を入れたほうが、正しくかめるようになりますので、ためらわずに部分入れ歯に挑戦してみてください。

9月特集~虫歯の詰め物~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

9月の歯科豆知識とテーマは「虫歯の詰め物」です。

今回は「コンポジットレジン充填」についてもう少し詳しくご説明致します。

診療をしていると、天然歯の健康美を大事にしたい方が近頃増えているな、と感じます。患者さんも「できるだけ削らない治療を」「白く自然に見える治療を」と積極的に要望される時代になりました。そんな中、アマルガムという長い歴史を持つ金属が、水銀が入っているという理由で2006年に生産が終了しました。それに替わる修復材として、コンポジットレジンというプラスチックとセラミックからできた白い歯科材料を用いた充填法が普及したのです。

従来のアマルガムと違うのは、削る量が少なくて済むので、その分痛みも少なく治療の跡が目立ちません。従来の歯の詰め物は、確実に機能させるという究極の目的のために、その詰め物を取れにくい形につくり、歯をそれに合う形に削ってはめ込む必要がありました。コンポジットレジンは接着剤を使用することで歯と詰め物がしっかり接着してくれるので、あまり削らないで済むのです。あまり削らないので痛みは軽減され、目立たない色で修復できます。

しかし、あまり大きな虫歯には、やはり金属の詰め物や被せものが必要となります。小さい歯科治療をご希望なら、やはり定期的に、早めに歯科医院を受信してください。

9月特集~虫歯の詰め物~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

9月の歯科まめ知識のテーマは「虫歯の詰め物」です。

今日は代表的な虫歯の詰め物についてお話します。

*充填とは充填材を直接詰める方法です

①アマルガム充填

*金属を充填する昔からある治療法です(但しアマルガムの国内生産は2006年に中止されています)

長所

●保険適用で治療費が安価 ●材料が金属なので強度が高い●適用範囲が広い

短所

●歯と接着しにくい●年数が経つと酸化して黒くなり、歯茎まで黒ずむことがある●金属アレルギーを引き起こすこともある

当院では現在アマルガム充填は行っておりません。当院で多くいらっしゃるのが、アマルガムを白い詰め物に変えたいとご希望の方です。

②コンポジットレジン充填

長所

●保険適用のものと保険適用外のものがある●歯を削るところが少なくて済む●白色なので詰めたところが目立たなくて済む●補修しやすい●天然歯と同程度の硬さなので自然に摩耗する

短所

●保険治療のものは時間が経つと変色する場合がある●虫歯が大きく深い場合は充填できない

コンポジットレジン充填の保険外治療は当院ではグラディアと呼ばれます。

グラディアについては次回お話します。

 

 

9月特集~虫歯の詰め物~

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!

9月の歯科まめ知識のテーマは「虫歯の詰め物」です。

自分では小さな虫歯のつもりだったのに、いざ診てもらったら大きな穴があいていた、ということはありませんか?虫歯は硬いエナメル質よりも柔らかい象牙質で広がりやすく内側で大きくなっていることも多いのです。

虫歯を進行させないためには、早めの受診が大切です。

象牙質はやわらかく、エナメル質よりも虫歯の出す酸に弱いため、硬いエナメル質が壊れて酸が内側に入り込むと、虫歯は象牙質で大きく広がります。そのためいざ詰めてみたら、思ってたよりも詰め物が大きかった、ということがあるのです。

治療の際に、患者さんが思うことは「歯をなるべく削らず、目立たない詰め物がいい」ということですよね。そういう思いを叶えるべく、私たちの歯科医院でもコンポジットレジン充填とういう治療法がメインです。ただし、虫歯の大きさによっては向かないケースもあります。9月の豆知識では、様々な詰め物の特徴や、どうすれば詰め物を長持ちさせることができるかについてお話します。

これから歯科治療を受ける方、必見ですよ!

 

 

 

24 / 33« 先頭...10...2223242526...30...最後 »