043-295-3748

千葉県千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

イソジンで歯が溶けるの??

こんにちは、歯科医師の山本です。

暑かった夏もそろそろ終わり涼しい季節になってきましたね。

季節の変わり目は風邪を引きやすいので日々のうがい手洗いは大切です。

うがいといえばイソジンですがここに酸蝕症のリスクがあるのをご存知ですか?

酸蝕症とは酸によって歯が溶けてしまう病気で虫歯にならなくても歯が壊れてしまいます。

ここで言う酸とはpH5.5以下の飲食物のことで、グレープフルーツなどの柑橘系の果物や酢の物、

スポーツドリンク、ワインなどです。

基本的には飲食物が酸蝕症を引き起こしますが、なんとイソジンのpH1.5~3.5!!

あまり知られていないと思いますが歯を溶かしてしまうpHなんです。

もちろんイソジン大好きで四六時中イソジンを含んでいる人はなかなかいないと思うので、あまり恐れる必要はありませんが、

うがいをしたあとは軽く水でお口をゆすぐと良いと思いますよ。