043-295-3748

千葉県千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

全身に影響を及ぼす歯周病

千葉市緑区、土気駅徒歩5分のかつらやま歯科医院、歯科助手 兼 歯科技工士の岡廻です。当院は「できる限り削らない」「できる限り神経を残す」治療を行い、生涯ご自身の歯で噛むことができる、健康で笑顔の美しい生活をサポートすることをポリシーにしています。

このブログは3分で読めます。

歯周病とは、歯肉炎とそれが原因で進行した歯周炎からなります。

昨年イギリスでコロナウイルスに感染した患者を調査したところ、歯周病菌が大量に存在する口腔内の事例が頻繁に報告されているしているそうです。

コロナウイルスがなかなか完全に終息に向かわない中、私たちは日々の生活の中でいかに全身の病気の重症化リスクを減らすことが出来るかが課題のようです。

リスクを高める要因は

・心臓病

・高血圧症

・糖尿病ですが、

・歯周病も要因の一つです。

さらに、心臓、肺だけでなく、リュウマチなどの関節炎、アルツハイマー病など脳の疾患にも関係があると研究されています。
ここまで読んで少しでも歯周病についても関心を持っていただけたでしょうか?
歯周病は「サイレントな病気」と呼ばれ、自覚症状に乏しく、血が出る、腫れぐらいしかありません。

しかし、なんと30歳以上の役80%が歯周病だそうです。

口腔ケアに自信のある3名に「ぺリオスクリーン」という口の中の血液成分を測定することによって炎症の有無を調べるテストで3名とも陽性であったということからも、
自身で気付くことは難しいので、ぜひ、歯科検診を通して早目のケアを始めていただきたいです。


こんな症状があるなと思われたら、ぜひ歯周病健診、歯科検診の受信をお勧めします。









 
 

歯についてお悩みの方は千葉市緑区、土気駅徒歩5分、かつらやま歯科医院までご相談ください。

267-0066 千葉市緑区あすみが丘2-16-7
043-295-3748