043-295-3748

千葉県千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

インプラント症例集 No.22

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!葛山 祐子です。

本日はインプラント症例集のご案内です!(^^)!

インプラントの症例集過去のものは当院HPの「インプラント症例集」でご覧いただけます。症例集の数はそちらのほうが多いです。このブログでは、最新の症例集をお届けいたします。

インプラント症例集はこちら→https://www.katsurayama-shikaiin.com/case_imp/

インプラント症例集No.22

「他の歯への負担を考えてインプラントにしましたが、外科手術は思った以上に大変でした。今は普通に噛むことができます。」

(患者様のお言葉より)

 

★症例写真 Before

術前)以前、左下6番目には銀の被せものが入っていました。願われてしまったのでインプラント治療を開始しました・

術前)治療前、正面から見た写真です・

★症例写真 After

術後)治療終了時の横からの写真です。最高品質のオールセラミックで被せました。色や形などを自分の歯と合わせることができます。

術後)正面からの写真です。

★患者様略歴

Sさんは平成21年から当院へご来院いただき、その後半年に1回の定期健診を受けてこられました。優しい微笑みを絶やさない方です。

今回は左下6番目の歯のインプラント治療をされました。平成24年2月に治療を開始され、平成24年10月に治療を終了されました。

★インプラントインタビュー

Qインプラントにしようと思ったきっかけは?

A 他の歯への負担を考えて、先生から勧めていただいたインプラントを選ばせていただきました。

Q インプラント手術中はいかがでしたか?

事前の資料からもっと簡単なイメージを持っていましたが、思った以上に大変でした。長時間、口を開け続けているのも辛かったです。

Q インプラント治療についてお気づきのことをお聞かせください。

A 治療期間も長く、やはり負担は大きかったです。治療中分からないことは先生に質問して、丁寧に答えていただいたので、安心しました。

Qインプラント治療後何か変化はありましたか?

A 今までは痛みがありましたが、普通に噛めるようになりました。やはりインプラントにして良かったです。

★今後のS様★

インプラント治療を終了されたS様は、今後は治療から予防にうつり、毎月のPMTC(ベーシックコース)と半年ごとの定期健診で、担当歯科衛生士と一緒に、インプラントとその他の歯を守っていきます。これからもよろしくお願いいたします!

★院長より一言

Sさんは平成21年から当院へご来院いただき、その後半年に1回の定期健診を受けてこられました。優しい微笑みを絶やさない方です。今回は、ブリッジや部分義歯という選択もありましたが、他の歯への負担を考えて、インプラントにされました。Sさんのお話は、私たちに新たな真実をつきつけました。それは、インプラント1次手術はやはり「外科手術」であり、「思った以上の負担」に感じられる方もいらっしゃる、ということです。個人差はありますが、インプラントをお考えの患者様には、「外科手術の負担」に関してきちんと事前に、丁寧にお伝えしなければならない、と認識を新たにしました。インプラントは他の治療に比べて期間も長く、そういった面でも負担にはなりますが、Sさんが最後に普通に噛める、やって良かったとおっしゃっていただけたことは、とても嬉しいことでした。