043-295-3748

千葉県千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

千葉市にあるかつらやま歯科医院の根管治療

根管治療Root canal

当院の特長

マイクロスコープを使用した
根の治療

脳外科や血管治療に用いられるマイクロスコープという手術用顕微鏡を使用して、歯の根の治療を行います。
最大倍率24倍で拡大して見ることで、根の中がはっきりと確認することができ、痛みや腫れの原因である中の汚れをしっかりと取り除くことが可能です。また、再び細菌の侵入を防ぐために、根の先に薬を隙間なく詰めることも可能です。

CT撮影で事前に
複雑な根の状況を確認

歯の根の状態は複雑に入り組んでいます。その複雑な状態を事前にきちんと確認しておかなければ、精度の高い治療はできません。CT完備の当院ではマイクロエンド治療をする前に必ずCT撮影を行い、複雑な根の状態を調べてから治療を行います。

治療前の丁寧な説明

「何回も通って治療をしているのに何故こんなに時間がかかっているんだ?」という精神的なストレスを感じていただかない様に、治療前にCT画像などを使用して治療の目的や流れ、意図をしっかりとご説明いたします。治療に時間がかかってしまうのには理由があり、丁寧に治療を行わないと再発につながってしまいます。

患部以外の感染を防止

当院では、細菌感染を防ぐため、ラバーダムというゴムのバリアで歯を唾液から隔離して治療を進めます。
ラバーダムシートは患者さんによっては苦しく感じ、嫌がられる方もいらっしゃるのですが、感染から守るためにとても大切な物です。是非ともご協力をお願いいたします。

プラズマレーザーの使用

当院では、プラズマレーザーを歯の根の治療にも使用しています。マイクロスコープを使用して汚れを取り除いた後、このプラズマレーザーを根の中に照射することで、根に潜む細菌を強力殺菌・消毒して、再発を防ぐことが可能です。

根管治療について

時間がかかる大切な治療です

むし歯が進行してしまうと、歯の根まで菌が侵食し、根の奥に膿を溜めてしまうことがあります。こうなると激しい痛みが続いてしまいます。
根管治療では、歯神経を取り除き、根に薬剤を詰め、むし歯の再発を予防します。薬剤の充填は殺菌と患部の治療が終わるまで繰り返し行う必要があるため、完治には非常に時間がかかります。

このような経験ありませんか?

  • 歯の奥がドーンと痛む
  • ズキズキと激しい痛みが続く
  • 治療に時間がかかっている
  • 何度も通っているのに完治しない
  • 神経を取ったはずの歯がまた痛み出した
  • セラミックの被せ物を入れたが、すぐに歯が痛み、外さないといけなくなった

痛みが再発する理由

根の先端まで
薬剤が入っていない
歯の根は、複雑な形をしており、個人個人や歯の形によっても様々です。そのため、治療する側の根気と歯の根の形をしっかりと把握する必要があります。多くの再発の原因は、薬剤の詰めが甘く、隙間が空いているためにむし歯菌が入り込み、再度増殖することによるものです。
完治していないのに
治療を終了した
根管治療は、1度の治療で30分~60分。殺菌と根充を繰り返す必要があるため、6か月程通院して完治するというケースもあります。痛みが無くなったからと言って、完治していない状態で治療をやめてしまうと、知らないうちに菌が増殖し、再発してしまいます。治療を受ける側も根気が必要です。
だ液の
細菌によるもの
だ液の中にも様々な菌が沢山います。
ラバーダムシートと呼ばれる器具を使用していないと、治療中にだ液が根の中に入り、根の中で新たな菌が増殖し、痛みを伴う場合があります。

治療費

抜髄:前歯 51,000円
抜髄:小臼歯 71,000円
抜髄:大臼歯 91,000円
感染:前歯 76,000円
感染:小臼歯 96,000円
感染:大臼歯 116,000円

※価格は全て税別表記です。