043-295-3748

千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

歯根治療の後の痛みと腫れ

千葉市かつらやま歯科医院「歯の豆知識」へようこそ!今日は歯根治療の後の痛みと腫れの原因についてお話します。治療する前は大して痛くなかったのに、神経を取る治療を始めたら猛烈な痛みと腫れが起きたとき、治療が失敗したのかな?と不安になりますよね。これは、どんなに腕のいい専門医が治療しても、約3%起きるという発作的な炎症で(フレアアップ)失敗ではありませんので、ご安心ください。しっかりと良い治療をするほどに起きやすいのです。というのも、腐敗した神経を取り除き、詰め物をして歯を使い続けるには、歯根の先までしっかりと器具を通して掃除する必要があります。これが刺激となり、今まで静かにしていた細菌を活気づかせ、その細菌が膿とガスを出すため痛みが起こるのです。こうした時は、抗生剤を飲んでいただいたり、仮のフタを外して膿を出したりして対応します。急激な痛みで驚かれるでしょうが、しっかりと対応しますので、最後まで治療を受けましょう。