歯科の豆知識

歯磨き剤選びについて

こんにちは。

歯科衛生士の忍足です🐰

今回は歯磨き剤についてお話しします。

みなさんは、毎日歯磨き剤を使っていますか?

 

かつて、歯磨きの邪魔をするからカラ磨きを推奨する時代がありました。こう言われていた理由として、以前の歯磨き剤は味が辛く、泡がブクブクし爽快感が強く、磨けていなくても磨けた気分になり、丁寧な歯磨きの邪魔になってしまうことが挙げられます。

 

しかし、時代とともに歯磨き剤の成分が進化していき、むし歯予防に有効なフッ素や殺菌剤が配合されるようになりました。そして、現在の歯磨き剤はむし歯予防には欠かせない必須アイテムとなっています!

 

むし歯予防の効果が最も期待できる方法として、「フッ素入りの歯磨き剤を使うこと」とWHO(世界保健機関)にも認められ、規定された安全基準をクリアした歯磨き剤が、世界中の国で積極的に使われています。

 

そもそも、フッ素がお口の中でどのような影響を及ぼすかご存知ですか?

 

簡単に言うと、「歯が本来持つ再石灰化という歯を固くする能力を促進すること」ができるのです。

 

フッ素配合の歯磨き剤を朝晩使うことにより、口の中に微量のフッ素が残って、むし歯にかかりにくくなります。

 

普段の歯磨きにフッ素配合歯磨き剤を使って歯を磨くだけで、むし歯予防ができる。これがむし歯予防の基本です!

 

ただし、フッ素配合歯磨き剤を使えば歯磨きが適当でもむし歯予防ができるわけではありません!

 

歯にベッタリとプラーク(歯垢)が付いている状態では歯磨き剤の成分が歯に届きません。このプラークを落とすには歯ブラシでこすり落とす必要があります。

 

上手に磨けない、磨きにくい場所がある、自分に合った磨き方など、わからないことがあれば、歯科衛生士にご相談ください。

お一人お一人に合わせた磨き方をご提案いたします。

 

みなさん、歯磨き剤を選ぶときは是非フッ素配合のものを検討してみてください!

※小さなお子さんが使う場合は適切な使用量について指導を受けましょう。※

1 / 11