043-295-3748

千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

麻酔後の痛みはなぜ起こる?

千葉市かつらやま歯科医院「歯の豆知識」へようこそ!歯の治療で麻酔の注射をしたあと、、針を刺したあたりが痛くなったり、歯が浮くような感じがしたりということはありませんか?これは、決して注射の仕方が下手だった、ということではありません(笑)歯科治療で麻酔をすると、針を刺した傷にばい菌が入り、軽い炎症が起きることがあります。通常は数日で消えますので、ご安心ください。歯科の注射は、他科に比べてとても難しいということをご存知ですか?歯科の注射はピンとはった歯ぐきに駐車をします。ピンとはっている歯ぐきは、皮膚に余裕がない分、圧迫感を感じやすいのです。当院では、麻酔の際の痛みを少しでも軽減するため、表面麻酔を行ったり、ハイテク電動注射器を用いて薬剤の注入の速さをコントロールしております。「痛みの少ない」治療に取り組んでおりますので、ご安心ください。