043-295-3748

千葉県千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

インプラント症例集No.28

ようこそ、かつらやま歯科医院へ!葛山 祐子です。

本日はインプラント症例集のご案内です!(^^)!

インプラントの症例集過去のものは当院HPの「インプラント症例集」でご覧いただけます。症例集の数はそちらのほうが多いです。このブログでは、最新の症例集をお届けいたします。

インプラント症例集はこちら→https://www.katsurayama-shikaiin.com/case_imp/

インプラント症例集No.28

「食べ物をしっかりと噛めるようになり、よかった!」

(患者様のお言葉より)

 

★症例写真 Before

右下のブリッジの奥歯が割れて、前歯には金冠が入っていました。

 

★症例写真 After

 

術後)奥歯ブリッジは外側から見ると白色、前歯は金属を一切使わないオールセラミックです

★患者様略歴

S様 60歳代 男性 右下5,6,7番インプラント治療 平成24年4月治療開始 平成24年11月治療終了

★患者様にアンケートを書いていただきました。

 

★インプラントインタビュー

Qインプラントにしようと思ったきっかけは?

A以前ブリッジをかけていたが、その固定をしていた歯がひび割れし、抜歯することとなったためインプラント治療を行った。

Q インプラント手術中はいかがでしたか?

A 手術後の痛みが多少つらかった

 

Q インプラント治療についてお気づきのことをお聞かせください。

A 治療期間がもう少し短縮できるとよいかと思います。治療費についても少し安価になるとよい

Qインプラント治療後何か変化はありましたか?

A 食べ物をしっかりと噛めるようになりよかった。ただし、まだ治療部分を気にしながら食べている。

★今後のS様★

インプラント治療を終了されたS様は、今後は治療から予防にうつり、2か月に1回ののPMTC(ベーシックコース)と半年ごとの定期健診で、担当歯科衛生士と一緒に、インプラントとその他の歯を守っていきます。また、S様は歯周病もお持ちなので、インプラントが歯周病に侵される「インプラント歯周炎」にならないよう、ご自宅でのケアと、歯科医院でのケアを行っていきましょう!

★院長より一言

Sさんは平成23年「右下奥歯のブリッジが痛む」と来院されました。検査してみると、ブリッジを支えていた一番奥の歯の根が割れていました。当院がインプラント治療を提案したところ、「長持ちさせたい」「しっかり噛みたい」というご希望から3本のインプラント治療を選択されました。そして、かみ合わせの部分をゴールドにすることで、欠ける心配がなく、かみ合わせもしっくりさせる、というSさんの希望通りの治療を実現することができました。また、Sさんはインプラント治療とあわせて、前歯をオールセラミックにされ、最終的にはとてもきれいな仕上がりになりました