043-295-3748

千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

本日は歯根端切除術のオペを行いました!

院長の葛山賢司です。本日は歯根端切除術のオペを行いました。歯根端切除術とは歯根の先に歯根嚢胞(しこんのうほう)や歯根肉芽腫(しこんにくげしゅ)などの病巣があり、根管治療(歯の神経が入っていた根の治療)だけでは治癒が期待できない場合や、再度の根管治療が困難な場合に、外科的に根尖病巣の除去と同時に歯根の尖端の切除を行い、歯を残す方法です。当院では「できる限り削らない」「できる限り痛みの少ない」「できる限り神経を残す」そして「できる限り歯を残す」ことを最優先にして丁寧な治療を行っています。本日はそのためのオペを行いました。患者さんにきちんと説明して、同意を頂き、万全の態勢で手術に臨みました。

当院ではまずしっかりと全体の検査をして、その検査に基づいて治療法、予防法をご提案します。「今は痛みがないけどむし歯が心配・・」「一度きちんと治したい」「歯を失わないために予防したい」とお考えの方はぜひ当院へお電話ください。

歯根端切除術、外科手術

かつらやま歯科医院、歯科口腔外科、歯根端切除術