043-295-3748

千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

自費の根の治療を選ばれる方急増中!

千葉市緑区、土気駅徒歩5分かつらやま歯科医院、院長の葛山賢司です。当院では自費の根の治療を選ばれる方が昨年の2倍ぐらいに増えています。

 巨大な幹に、青々と歯が生い茂っている大木を想像してみてください。見るからに元気そうです。この木が元気なのは、地面の下に無数の根を張っていて、その根から大地の水分と養分を沢山吸収しているからです。健全な歯もこの大木と同じ状況にあります。歯ぐきの下には歯の根があり、歯の根の中には神経があり、その神経の先が外の血管とつながって、そこから水分と養分を取り入れているので、健康でいられるのです。歯と体をつなぐもの、それこそが歯の神経なのです。ですから健全な歯にとって、歯の神経は「生命線」なのです。


 それでは、先の大木を写真のように根元から切り倒してしまったらどうなるでしょう?時間がたてば当然、水分や養分が行き渡らないので枯れてしまいますよね。これと同じことが、神経を取った歯に起きているのです。神経を取ってしまったために、水分や養分が行き渡らず、歯は時間がたつにつれて、枯れ木のように乾燥して、脆く弱くなってしまうのです。



 いつまでも自分の歯で食事をするためには、全体的にしっかりと治した後は、予防歯科で歯を守ることが必要です。当院では全体的な治療に加えて予防歯科までサポートいたします。「歯を予防したい」「歯を失いたくない」「全体的にしっかりと治したい」という方は一度ご相談ください!