043-295-3748

千葉県千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

新し被せものの後の違和感はなぜ?

千葉市緑区、土気駅徒歩5分のかつらやま歯科医院、院長の葛山賢司です。当院は「できる限り削らない」「できる限り神経を残す」治療を行い、生涯ご自身の歯で噛むことができる、健康で笑顔の美しい生活をサポートすることをポリシーにしています。
このブログは3分で読めます。

「これってどうして?治療の後の痛みや違和感」

Q 先週削って詰めた歯が、まだ時々しみます。気になって歯医者さんに相談をしたら「もう少し様子を見ましょう」とのことでした。本当に放っておいていいのか心配です。

A  しみなくするには神経を取る選択肢もありますが、実際には自然に症状が治まることが多いのです。我慢できない、ほどでなければ、次の治療をせずに、噛み合わせなどの調整をして「経過を見よう」というのは信頼できる歯科医師だと思います。

被せ物の治療を詳しく知りたい方は日本歯科医師会HPへ




当院にもこのような患者さんがいらっしゃいます。銀歯やセラミックなどを詰めて、しばらくしてもその箇所がしみたり、噛むと痛んだりという症状を訴えて来院されます。そのような時、当院の歯科医師はまず噛み合わせのチェックをします。違和感の原因は噛み合わせが強く当たっているということが多いからです。

削った歯をしっかりと殺菌し、術式通りに丁寧に詰めても、丁寧にむし歯を取り除き、その中をしっかりと殺菌し、術式通りに丁寧に被せても、「その後しばらくしみる」ということは、実は少なからずあることなのです。しみなくするために一番効果的な方法は、神経を取ってしまうことです。しかし、当院では噛み合わせの調整をして、もうしばらく現状のまま経過を見守ることを患者さんにおススメしています。早めに神経を抜いて被せてしまった方が歯科医院の収入になりますが、神経を大切に守って、患者さんの歯の寿命をなるべく長く持たせたいと考えています。

当院が行っている被せ物治療の違いについて詳しく知りたい方は以下の動画をご覧ください。↓↓↓

 

「神経は歯にとってとっても大事」

 当院では、神経を残せる可能性があり、いくらかしみる程度で生活に支障がないようであれば、もうしばらく経過を見ることをお勧めしています。それほど神経は歯にとって大事なものだからです。神経は、神経組織以外にも毛細血管などが通っている、歯に栄養を運ぶ大切な組織です。神経をとっても被せ物をして使い続けることは出来ますが、神経のない歯は、木に例えると枯れ木のようなもので、力がかかるともろく割れやすいのです。

「歯の寿命は治療するほど短くなる」

歯の寿命は、大きな治療をすればするほど短くなります。治療をやり直すたび、歯を削り、歯が薄くもろくなり、修復物は大きくなり、それにつれて歯は弱くなり、歯を失うリスクが高くなってしまいます。「もう少し様子を見ましょう」という一言には「これから責任を持って経過を見ていきます」「将来にわたってあなたの歯を大事に守っていきたいと思っています」という歯科医師の気持ちを込めています。ただ放っておくわけではありません。



治療後の痛みや違和感で、患者さんも不安になることが多いと思います。そのような時はどうぞご遠慮なくお問い合わせください。まずは全体的にしっかりと治療を終え、定期的なメンテナンスを受け、歯科のプロと共に大切な歯を長期的に守っていただきたいと思います。

千葉市緑区 かつらやま歯科医院で行っている予防歯科はこちら



歯についてお悩みの方は千葉市緑区、土気駅徒歩5分、かつらやま歯科医院までご相談ください。
267-0066 千葉市緑区あすみが丘2-16-7
043-295-3748

医院HP  https://katsurayama-shikaiin.com/
予防歯科 https://katsurayama-shikaiin.com/prevention/
無料メール相談 https://katsurayama-shikaiin.com/counseling/
インスタグラム https://www.instagram.com/kdckdckdc/