043-295-3748

千葉県千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

千葉市初!マイクロスコープ3台導入:できる限り削らない、神経を取らない歯科医院を目指して★

ようこそ、千葉市緑区あすみが丘のかつらやま歯科医院へ!
~当院はできる限り削らない、神経を取らない歯科医院を目指します~
 
「歯科医院は、コンビニエンスストアより数が多い」
と言われ始めて久しいのですが、その数多い歯科医院も、スタッフ数を見てみると、
歯科医師1名、歯科衛生士と歯科助手が1名ずつという体制が、圧倒的に多いのが現状です。

当院も、歯科医師2名、歯科衛生士7名と、上記のような歯科医院に比べると、スタッフ数は多いものの、スタッフ数20名以上を誇る大型歯科医院、大学病院などに比べると、はるかに小規模の歯科医院です。
そんなかつらやま歯科医院には、CT、セレック、10倍・8倍・5倍・2.5倍の拡大鏡(サージテル)、マイクロスコープという、全国の歯科医院の3~5%しか所有していない最新設備が備わっています。

 
また、治療水連続除菌システム(エピオスエコシステム)を取り入れているので、
院内の全ての水に殺菌力があり、細菌を短時間で殺菌し、
加えて、タービン類も、DACインターナショナル(普及率2.6%)という専用の機械で滅菌しているので、院内感染対策も万全です。
 
これだけの院内感染対策を敷いている歯科医院も、恐らく全国で数%だと思われます。2015年、念願のストリークレーザーを導入し、知覚過敏治療、歯質強化、歯周病治療、無麻酔虫歯治療などに威力を発揮するでしょう。
 
そして2018年9月、ついにマイクロスコープを2台追加して、合計3台のマイクロスコープを導入することになりました!これは千葉市初、もしかしたら千葉県初かもしれません。マイクロスコープは歯を最大21倍まで拡大できる歯科用顕微鏡です。虫歯治療、根管治療など様々な場面で威力を発揮します。
 
なぜ、この規模の歯科医院で、これだけの最新設備がそろっているのか?
それは最新設備を使用して、痛みの極力少ない、出来る限り歯を残すという精密で、質の高い治療を行いたい、という私の強いこだわりのせいです。これだけの最新設備導入には、莫大な費用がかかり、リスクが高いことも事実です。それでも私は、歯科医師として恥ずかしくない治療をしたい、「先生に治療してもらってよかった」と、患者さんに心から思ってもらえるような治療をしたいのです。
なぜなら、患者さんにそう言ってもらえることが、私の歯科医師としての「やりがい」につながるからです。
 
数年前、私のこの考えにいつも賛同してくれる当院の歯科衛生士たちが、
「私たちも、院長と同じ倍率で診て、予防を行いたい!私たちの拡大鏡の倍率を上げてください!!」
という嬉しい要望があり、歯科衛生士用に8倍の拡大鏡を用意しました。おそらく全国でもこれだけの高倍率の拡大鏡を歯科衛生士が使用している医院は数少ないと思います。歯科衛生士に高い意識がなければ、歯石取りはただ歯を傷つけるだけに終わることも少なくありません。しっかりと診て、歯を傷つけない、またむし歯・歯周病を見逃さない、という高い意識を持った歯科衛生士には、8倍という高倍率の拡大鏡がふさわしいのです。