043-295-3748

千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

健康で長生きするためのヒント満載②歯周病は”基礎疾患”か?

千葉市緑区、土気駅徒歩5分のかつらやま歯科医院、院長の葛山賢司です。当院は「できる限り削らない」「できる限り神経を残す」治療を行い、生涯ご自身の歯で噛むことができる、健康で笑顔の美しい生活を予防歯科でサポートすることをポリシーにしています。
このブログは5分で読めます。

国民の2人に1人が歯周病


新型コロナウィルスが猛威を振るい、第5波の勢いが止まりません。ワクチン接種も進んでいるのですが、沈静化にはもう少しかかりそうです。重症化する人、死亡する人の原因を調べる際の一つの目安として「基礎疾患」があるかないかがありますが、現在その「基礎疾患」の中に、残念ながら歯周病は入っていません。しかし、以下のグラフを見ていただくと実は歯周病の人が以前に比べると増えているのです。



歯周病は、歯と歯茎の間の隙間、歯周ポケットと言いますが、それが4㎜以上あると「歯周病」と診断されます。厚生労働省の調査によると1999年に比べて2016年は全世代で増加していて、45歳以上では約2人に1人の人が歯周病と診断されています。そのため「国民病」とも言われているのです。歯を失う最大の原因と言うだけでなく、全身の病気の発症や増悪リスクと深く関わることが次々と明らかになっています。例えば2020年10月に報じられた「歯周病の原因菌やその毒素が脳に蓄積して認知症の原因物質が作られる」という九州大学の研究チームらが解明した認知症発症のメカニズムも衝撃的でした。

研究報告の朝日新聞記事はこちら

歯周病があると免疫力が弱まる

歯周病がある人がない人に比べてどん な病気のリスクが高いかを示したものが以下の図です。がんは1.24倍、心筋梗塞は2.11倍、 脳梗塞は1.63倍と、全身の疾患と歯 周病の関係が指摘されています。妊婦 に歯周病があると、早産および低体重 児出産が3倍に増えるという報告もあります。 特に報告数が多いのが糖尿病関連の研究で、リスクは約2倍です。近年、歯周病の程度が糖尿病の 病状を左右することも分かってきています。歯周病のある糖尿病患者に歯周 病治療を行うと、血糖値が改善するのです。

歯周病は口の中の「慢性炎症」です。つまり「いつも体に傷があり、出血し続けている」状態に近いのです。丹沢秀樹千葉大学名誉教授は「体 に炎症があると、血管や脳や腎臓など の臓器が攻撃される」と解説しています。動脈硬化や糖尿病、がんといった生活習慣病は、慢性化した炎症があるとその攻撃を受け、悪化します。だから、疾患を遠ざけ、健康寿命を 延ばすには「体の炎症を取り除くこと」が重要です。炎症がないと、免疫が“無駄遣い” されずにすみ、強い体を維持できます。


口がウィルスの最初の入り口

ウイルスや菌は、口腔や鼻腔や皮膚、消化管など外界と接している粘膜を経て血中に入ります。このうち、皮膚や胃腸などの消化管は、バリア機能や強力な殺菌作用のある胃酸、発達した腸管免疫を備えており、守りが堅いと言われています。ところが口腔や鼻腔の免疫組織はこれらに比して構造的に弱く、病原体が入り込みやすいのです。

 

誤嚥性肺炎が高齢者に多いのは、加齢や持病で体の免疫が弱っている上に、菌の侵入経路となる口や気道が胃や腸のような強い免疫 を持っていないためと考えられています。口の中に炎症があると原因菌の防御が間に合わず、気道を流れて肺に達し、肺炎になってしまうのです。術後の入院患者で、不明熱で高熱が出ている人の血液中の菌を調べたところ、原因となる菌の約半分程度が口腔の菌だったという報告もあるそうです。ウィルスが口から入る以上、口内環境を良くすることがウィルスに負けない第一歩です。


歯石を取る治療は歯周病治療の最初のステップです

歯周病治療の最初のステップとして、歯石を取る治療を行います。ここで歯肉の上の歯についている歯石を落とします。その次に歯肉の中の歯石を取る治療に進みます。歯石をしっかりとることが歯周病の治療では重要なので、何回か治療回数がかかりますが、根気よく治療を続けていただきますようお願いいたします。歯周病をしっかり治し、当院のPMTCクリーニングで継続的に除菌をして、ウィルスに負けない口腔内を維持しましょう!


これからも、お越しいただいた方の「健康で笑顔の美しい生活をサポートし続ける」ために全力を尽くします。どうぞ安心してご来院ください!


歯についてお悩みの方は千葉市緑区、土気駅徒歩5分、かつらやま歯科医院までご相談ください。
267-0066 千葉市緑区あすみが丘2-16-7
043-295-3748

医院HP  https://katsurayama-shikaiin.com/
予防歯科 https://katsurayama-shikaiin.com/prevention/
無料メール相談 https://katsurayama-shikaiin.com/counseling/
インスタグラム https://www.instagram.com/kdckdckdc/