043-295-3748

千葉市緑区あすみが丘2-16-7

JR外房線「土気駅」から徒歩7分

ブログBLOG

妊婦さんのお口の中は危険がいっぱい!?

千葉市緑区、土気駅徒歩5分のかつらやま歯科医院、院長の葛山賢司です。当院は「できる限り削らない」「できる限り神経を残す」治療を行い、生涯ご自身の歯で噛むことができる、健康で笑顔の美しい生活をサポートすることをポリシーにしています。

このブログは3分で読めます。

妊婦さんのお口のトラブル

妊娠中は、身体にいろいろな変化が現れます。最近、口の中の調子が悪いと感じている妊婦さんも多いのではないでしょうか?身体の変化の中でお口の中の環境の変化も気を付けなければいけない部分の一つなんです。妊娠中は、下記の影響で虫歯や歯周疾患になりやすくなります。

・唾液の量が減少する。
・食べ物の好みが変化したり、虫歯の原因になる甘いものや酸っぱい物を好んで食べるようになる。
・つわりの影響で歯磨きが十分にできず、汚れが残ったままになっている。
・妊娠中は歯周病菌のエサとなる女性ホルモンが数倍も増える。
また、食べつわりがある方は一日中何かを口に入れているため、虫歯になりやすい状態が続きます。


ご妊娠中のお母様にお気をつけ頂きたいことは、日本歯科医師会のホームページにも記載されています。日本歯科医師会のHPはこちら

妊婦さんのお口の中の不健康が引き起こすこと

調査結果によると、ご妊娠前やご妊娠中に口腔内の健康管理を行っていた方は、そうでない方に比べて、早産や低体重児出産、またご妊娠中の体調の悪化(高血圧や足のむくみなど)を経験するリスクが2倍以上高いそうです。口腔内のプラークと呼ばれる最近の塊は、血液中の炎症を引き起こし、それが免疫の炎症への反応に結び付き、それが体の各部位の成長因子の抑制につながります。この反応が子宮収縮を引き起こし、早産や低体重児出産を引き起こすと言われています。日本歯周病学会のHPにも詳しいデータが記載されていますが、以下の資料は歯周病と早産や低体重児出産のリスクとの関係です。

ご妊娠中の口腔ケア

 ご妊娠中はホルモンの変化が起こり、胎盤がエストロゲンやプロゲステロンというホルモンを生産します。このホルモンの変化で、歯ぐきが敏感になり、歯肉炎や歯周病にかかりやすくなります。またご妊娠中に特有のつわりによる嘔吐や、お子様のことに意識が向き、ご自身の口腔内のケアが疎かになるといったことで、口腔内に毒性のあるプラークがたまりやすく、妊婦さんの60%~75%の方が歯肉炎を起こしているといった結果も驚くことではありません。

妊婦歯科健診

 とはいえ、大変なご妊娠期間中、どのように口腔内の健康を維持したらよいのでしょうか?その第一歩は、市の妊婦歯科検診をお受けください。千葉市では母子健康手帳交付時に妊婦歯科健診受診票も交付されますので、妊娠16週から20週頃のご自身の体調の良い時に妊婦歯科健診を実施している医療機関にて健診を受けお口の中の状態を確認しましょう。もし歯科治療が必要な場合、安定期であれば治療もおこなえます。またご妊娠中のお母様は生まれてくる赤ちゃんに虫歯を移さないためにも、健診を受け治療が必要な場合は、積極的に治療を受けましょう。
妊娠中のお母様にお気をつけ頂きたいことは、スタッフが動画で詳しく解説しています。ぜひこの動画もご覧ください。



歯についてお悩みの方は千葉市緑区、土気駅徒歩5分、かつらやま歯科医院までご相談ください。
267-0066 千葉市緑区あすみが丘2-16-7
043-295-3748

医院HP  https://katsurayama-shikaiin.com/
マタニティ歯科 https://katsurayama-shikaiin.com/pediatric/
無料メール相談 https://katsurayama-shikaiin.com/counseling/
インスタグラム https://www.instagram.com/kdckdckdc/